flumpool 初のカウントダウンライブ1日目・未の忘年会レポート アルバム&ツアーの発表も

レポート
2015.12.31
flumpool

flumpool

画像を全て表示(10件)

COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」
~未
の忘年会~ 2015.12.30 横浜アリーナ

flumpoolにとって初となる単独カウントダウンライブ、横浜アリーナ2デイズ。それぞれ「未の忘年会」、「申の新年会」と題したパーティの1日目は、彼らにしか生み出し得ないと断言できる、どこから切っても最高にして最幸の3時間だった。

flumpool

flumpool

「やっぱ年末ってさ、そんな仲よくない友達と遊ばんものやん? 家族とかさ、大事な仲間とおりたい時間じゃない? 年末、この30日31日は特に。そんな初めて会うっていう人と、この時期に会わないでしょ、だって。違うっていう人もおると思うけどさ、俺にとってそういう時期なんや。家族と仲間、大事な人と過ごしたいこの時期なんです。だから今日ね、来てくれたことがホンマに嬉しい。大切なみんなが来てくれたことがホンマに嬉しい。ありがとうね。マジで!」
これは、ライブがスタートして最初のMCでの山村隆太(Vo)だが、きっと、こんな飾らない表現が、このライブのすべてを表していたのではないだろうか。何かのリリースに合わせたツアーでも、コンセプチュアルな企画性に基づいたかしこまったものでもなく、〝一緒に音楽で一年を締めくくろうよ〟という、シンプルなテーマ。だからこそ、この日プレイされた楽曲たちは、どこまでも真っ直ぐに、横浜アリーナに鳴り響いていた。

flumpool

flumpool

定番曲からライブ対応型のロックナンバー、泣きのバラードまで、色彩鮮やかなメニューの中で、忘年会ならではの輝きを放っていたのは「夏よ止めないで~You're Romantic~」。タイトル通りのサマーチューンだが、一年の終わりに聴くからこそ、その響きにはどこか切なくも優しい深みが加味されていたように感じたのだ。オーディエンスの軽快な手拍子と吉田翔平(Violin)のきらめく弦さばきが、過ぎ去った季節の思い出をフラッシュバックさせるようで、あえて夏のナンバーを持ってきた彼らの遊び心にグッときてしまう。

flumpool

flumpool

だが、忘年会だからといってメロディアスなナンバーを散りばめ攻めの手を緩めるような彼らではないことはご承知の通り。攻撃的な一面を垣間見せたのは、ステージ前方から火柱が上がるド派手な特効とレーザー飛び交う中での新曲「夜は眠れるかい?」だ。阪井一生(Gt)の衝動的サウンドを軸にしたジャキジャキの轟音アンサンブルを叩きつけ、尼川元気(Ba)も芯の強いグルーヴで屋台骨を支えながらも、時には花道をダッシュし、スタンド席の観客にもしっかりと気持ちを届けていた。

flumpool

flumpool

さらに、「ビリーバーズ・ハイ」では、怪我のため残念ながら出演を見合わせることになった小倉誠司(Dr)の代わりにサポートを務めた神宮司治(レミオロメン)が高揚する心音のようなビートを刻み楽曲の世界観をドラマティックに際立たせる。磯貝サイモン(Key)も、楽曲への深い理解を武器に、時に華やかに、時には締め付けるような音色を操り、随所で存在感を光らせるなど、サポート陣の好演にも目を奪われた。

頼もしいバックに負けじと、フロントの3人もさらにアクセルを踏む。山村が「愛してるぜ横浜!」と叫んで突入した「Hydrangea」では、山村、阪井、尼川がそれぞれにボーカルをリレー。そのまま3人が声を合わせる姿がスクリーンに大写しになると、フロアには大歓声が沸く。演奏でも、パフォーマンスでもアピール充分。客席のヴォルテージもすでに最高潮だ。

flumpool

flumpool

中盤のMCでは、「もういくつ寝ると」「お正月!」という年末ならではのネタや、神宮司イジりの一環としてレミオロメンの名曲「粉雪」を織り交ぜたコールアンドレスポンスも。ファンからの投票を募ったリクエストの結果も発表され、その中からの楽曲が披露されるなど、約3時間に及ぶライブでも、まったく中だるみすることもテンションが下がることもない。いかんなく発揮されるflumpoolのサービス精神に、ぐるりと見渡せば客席の誰もが笑顔だ。

そして、この忘年会を最も象徴していたのは、山村がオーディエンスに「まかせた!」と歌を委ね、舞い散る銀テープの中でシンガロングが広がって美しい光景を生んだ「君に届け」ではないだろうか。〝忘年会〟とは、特定の誰かだけが脚光をあびる場ではなく、集まった全員で一年を締めくくる場所だからだ。「たまらなく横浜が好きだよ」と歌詞を変え、センターステージでこの日集まった大切なリスナーたちからの声を全身で受け止める山村の表情が、それを何よりも饒舌に物語っていたように感じた。

flumpool

flumpool

出会いや別れ、恋や絆、挫折や決意……たくさんの気持ちや物語が、flumpoolの楽曲たちには詰め込まれている。歌に綴られたひと言ひと言に、誰もが自分の2015年を重ね、噛み締めていたに違いない。だからこそ、このライブのムードは、熱狂というよりはじんわりとあったかくて、どこか壮大ですらあったのだろう。〝すべての観客×365日〟ぶんの思いが、彼らの音楽を媒介にして増幅され、共鳴して横浜アリーナに溢れていたのだ。

もちろん、一年を締めくくるのは未来のためだ。flumpoolも、2016年に約3年半ぶりのオリジナルフルアルバムリリース、2年振りの全国ツアーという大きなアクションを起こすことを発表。<挑戦者で 常にありたい>と歌った「明日への賛歌」、そして、<明日、キミが、夢見れるように>と想いを込めた新曲「明日キミが泣かないように」でメンバーが見せたとびきりの表情と清々しいサウンドが、彼らと歩む2016年が間違いないものであることを、確かに予感させた。


撮影=上飯坂一 文=矢野裕也

flumpool

flumpool


また、この日のライブ内で、flumpoolがニューアルバム『EGG』をリリースすることが発表された。オリジナル・フルアルバムとしては4枚目、前作の『experience』から約3年半ぶりとなる今作。タイトルの「EGG」には、”目の前にある「卵」をみてどう思うか? 生まれてくる何か希望のようなものか、周りからの決めつけられた見られ方をしている窮屈な殻に閉じ込められた存在なのか”という、人それぞれ捉えは違うその実態を、今の自分たちの音楽と重ね合わせ、リスナーそれぞれ思うままに感じ取ってほしいという、強い意志が込められている。内容としては、2015年にリリースしたシングル表題曲「とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~」、「夏よ止めないで ~You’re Romantic~」をはじめ、ブルボン アルフォート「かんたんスモア」篇 TVCM ソングの「DILEMMA」などの話題曲も含む、全14曲を収録予定。また今回、初回限定盤に付属の特典DVDには、【4大特典映像集】と題し、2016年の年明けにメンバー4人揃って撮り下ろす最新スタジオライブをはじめ、2015年の夏に開催した台湾でのライブ映像、LIMITED TOURライブ映像+舞台裏を追ったドキュメント、さらには最新MV及びその撮影時のドキュメントが収録される。これまでにないボリューム感でコンパイルした超貴重な映像集だ。

さらに、もう一つ嬉しい発表が。それはアルバム『EGG』を引っ提げた全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』が、2016年4月からスタートするというもの。前回の「MOMENT」以来約2年ぶりとなる、14都市22公演のツアーだ。また、発売日が「予定」となっていた、シングル「夜は眠れるかい?」のリリース日も、2月10日に決定しており、どうやら2016年はますます彼らから目が話せない日々が続く。

ツアー情報

flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」

● 4月2日(土) 【福岡】福岡サンパレスホテル&ホール
OPEN 16:15 / START 17:00
(問)BEA 092-712-4221 (月~金 11:00~18:00、第2・第4土 11:00~15:00)

● 4月3日(日) 【福岡】福岡サンパレスホテル&ホール
OPEN 16:15 / START 17:00
(問)BEA 092-712-4221 (月~金 11:00~18:00、第2・第4土 11:00~15:00)

● 4月10日(日)【福島】郡山市民文化センター 大ホール
OPEN 16:30 / START 17:00
(問)チケットGIP 022-222-9999

● 4月16日(土) 【石川】本多の森ホール
OPEN 17:00 / START 17:30
(問)キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100

● 4月17日(日)【 新潟】新潟県民会館
OPEN 16:30 / START 17:00
(問)キョードー北陸チケットセンター(新潟)  025-245-5100

● 4月23日(土) 【広島】上野学園ホール
OPEN 17:00 / START 17:30
(問)夢番地(広島) 082-249-3571( 平日 11:00~19:00)

● 4月24日(日) 【広島】上野学園ホール
OPEN 16:30 / START 17:00
(問)夢番地(広島) 082-249-3571( 平日 11:00~19:00)

● 4月29日(金・祝)【 神奈川】神奈川県民ホール
OPEN 16:45 / START 17:30
(問)キョードー横浜 045-671-9911 (月~土 10:00~18:00)

● 4月30日(土) 【神奈川】神奈川県民ホール
OPEN 16:15 / START 17:00
(問)キョードー横浜 045-671-9911 (月~土 10:00~18:00)

★ 5月5日(木・祝)【大阪】フェスティバルホール
OPEN 16:30 / START 17:30
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888( 全日 10:00~18:00)

★ 5月6日(金) 【大阪】フェスティバルホール
OPEN 17:00 / START 18:00
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888( 全日 10:00~18:00)

★ 5月15日(日)【静岡】静岡市民文化会館 大ホール
OPEN 16:30 / START 17:00
(問)サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999(月~土 10:00~18:00)

★ 5月21日(土) 【札幌】ニトリ文化ホール
OPEN 16:45 / START 17:30
(問) ウエス 011-614-9999( 平日 11:00~18:00)

★ 5月28日(土) 【高松】アルファあなぶきホール・大ホール
OPEN 17:00 / START 17:30
(問) デューク高松 087-822-2520 (平日 10:00~18:00)

★ 5月29日(日)【 愛媛】松山市民会館・大ホール
OPEN 16:30 / START 17:00
(問) デューク松山 089-947-3535 (平日 10:00~18:00)

■ 6月5日(日)【 宮城】仙台サンプラザホール
OPEN 16:15 / START 17:00
(問) チケットGIP 022-222-9999

■ 6月11日(土) 【愛知】名古屋センチュリーホール
OPEN 16:15 / START 17:00
(問) サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

■ 6月12日(日) 【愛知】名古屋センチュリーホール
OPEN 16:30 / START 17:00
問) サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

■ 6月18日(土) 【大阪】グランキューブ大阪メインホール
OPEN 16:30 / START 17:30
(問) キョードーインフォメーション 0570-200-888( 全日 10:00~18:00)

■ 6月18日(土) 【大阪】グランキューブ大阪メインホール
OPEN 16:00 / START 17:00
(問) キョードーインフォメーション 0570-200-888( 全日 10:00~18:00)

■ 6月25日(土) 【東京】東京国際フォーラム ホールA
OPEN 16:30 / START 17:30
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日 12:00~19:00)

■ 6月26日(日) 【東京】東京国際フォーラム ホールA
OPEN 17:00 / START 18:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日 12:00~19:00)

料金(税込): 指定6500円  チケット一般発売: ●=3/19(土)10:00 AM ★=4/16(土)10:00 AM ■=5/7(土)10:00 AM

 

リリース情報

NEW ALBUM 『EGG』
3月9日(水)発売予定

初回限定盤(CD+DVD)
¥3,800(tax out) AZZS-42 

 -CD-
「とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~」、「夏よ止めないで ~You’re Romantic~」、「DILEMMA」ブルボン アルフォート「かんたんスモア」篇 TVCM、他 全14曲収録予定

 -初回限定盤特典 DVD収録内容-
4作品目のオリジナルフルアルバム!その初回限定盤 特典DVDは【4大特典映像集】!2016年の年明けにメンバー4人揃って撮り下ろす、最新スタジオライブをはじめ、2015年の夏に開催した台湾でのライブ映像、シングル「夜は眠れるかい?」の初回限定盤DVDには収録出来なかったLIMITED TOURライブ映像+舞台裏を追ったドキュメント、最新の Music Video及び撮影時のドキュメントを収録! これまでにないボリュームでコンパイルした超貴重な映像集となる!

 通常盤(CD)
¥2,800(tax out) AZCS-1051

 -CD-
「とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~」、「夏よ止めないで ~You’re Romantic~」、「DILEMMA」ブルボン アルフォート「かんたんスモア」篇 TVCM、他 全14曲収録予定


NEW SINGLE「夜は眠れるかい?」
2016年2月10日(水)リリース決定!!

初回限定盤(CD+DVD):¥1,700(tax out)  AZZS-41
【収録内容】
1 夜は眠れるかい? <映画&TVシリーズ「亜人」主題歌>
2 君が笑えば ~Just like happiness~ <ブルボン アルフォートミニチョコレート「ブロンドはお好き?」篇 TVCMソング>
3 MOMENT

※初回限定盤のみ DVD付属

「LIMITED TOUR 2015 R→LOOF PLAN ~大人の屋根裏計画~」 Zepp DiverCity Tokyo公演の模様をスペシャルセレクションで収録
【収録曲

OPENING
1. ベガ ~過去と未来の北極星~
2. この時代を生き抜くために
3. 傘の下で君は・・・ (Digest ver.)
4. 僕はここにいる
5. Because... I am
6. MW ~Dear Mr. & Ms.ピカレスク~ (Digest ver.)
7. プレミアム・ガール

通常盤(CDのみ):¥1,200(tax out ) AZCS-2060
【収録内容】
1 夜は眠れるかい? <映画&TVシリーズ「亜人」主題歌>
2 君が笑えば ~Just like happiness~ <ブルボン アルフォートミニチョコレート「ブロンドはお好き?」篇 TVCMソング>
3 MOMENT
4 夜は眠れるかい? (Instrumental)
5 君が笑えば ~Just like happiness~(Instrumental)

※通常盤(初回プレス分)のみ、アニメ『亜人』描き下ろしワイドキャップステッカー付属

 

シェア / 保存先を選択