小松彩夏のこまっちゃんねる、年末公開生放送は事故多発?

レポート
2016.1.4
 ©アミューズ

©アミューズ

画像を全て表示(8件)

事故多発注意? 笑いの絶えない年の瀬トークライブ

年の瀬も差し迫る12月29日、品川のJ-SQUAREにてタレント小松彩夏の公開生放送「ゆく年くる年こまっちゃんねる」が開催された。熱心な小松彩夏のファンが押し寄せ、満員に膨れ上がったこのイベントの様子を今回はレポートしていこう。

©アミューズ

©アミューズ

毎年、年の瀬に開催されているという公開放送イベントとのことだが、3回めとなる今年はノースリーブのセクシーな出で立ちで登場された小松さん。放送が始まってからはその出で立ちをイジられたりと緩くも楽しい出だしでスタートしていく。来場者は初めて来られる方が5割程度と、新規ファン層も多く取り込んでいることが伺えた。

さて、序盤の流れからベジータ様ことR藤本を呼び込み、ベジータ様にMCを回しつつ場面が加速していく。さすがの藤も……ベジータ様、息のあったコンビネーションで会場を掴んでいく。
このあとすぐに鉄ちゃん芸人である鈴川絢子が呼び込まれて登場。会場に集まった一同から喜びの声が上がる。そして早速、スマホゲーム対決へと雪崩れ込んでいく。

©アミューズ

©アミューズ

©アミューズ

©アミューズ

行く年ということで、今年の干支である羊にちなんだゲーム『ドリー民ツミツミ』での対決となった。このゲームは左右に飛んでいる羊をタップして、羊を積み上げていくゲームだ。鈴川さんはバランス感覚を駆使して積み上げていき、13コンボまで達成したが、小松さんはいきなり出だしを失敗して2匹目で倒れてしまうという始末。実況にも「事故www」など笑いが飛び交う状況に、そして泣きの一回では5コンボで終了してしまう。

仕切り直しでもう1回ずつプレイことになったが、鈴川さんは10、小松さんは5とダブルスコアで決着。ここで罰ゲームということで鈴川さんのリクエストにより実写版美少女戦士セーラームーンの1曲「セラヴィ」を歌うことに。小松さんは愛野美奈子を演じていたこともあり、必死で歌うものの、10年ぶり以上に歌った曲はコメントで「ズコー」「事故」とコメントされる始末。貴重な生歌を更に貴重な体験にさせてもらった。ちなみに来年の抱負を語るコーナーでは、鈴川さんが北海道新幹線の初乗りに挑戦したいというコメントへの返しに、「北海道からどこに繋がるの?」とボケを連発するなどアホの子っぽさを出していたのが可愛かったです。

そして次のゲストに移ろうと言うときに、アンケートでいる、いらないを選択するという凶悪なジャッジが開催され、いらないが過半数を超えるという事態に。だがせっかくなので、とゲストを呼び込んでみたらトイレに行っているというボケで場内を笑わせてくれた。さらに「靴紐が解けた」など様々な理由で出番を引っ張って登場しない期待芸を駆使して場内を盛り上げる。

ようやく登場してくれた3人目のゲストはゴー☆ジャスさん。昨年、今年と学園祭キングとして名を馳せたピン芸人さんだが、ここでも引っ張ってボケを振るも滑ってみたりと今回は面白い事故が多発する生放送となっていた。ある意味視聴者的には盛り上がる展開担っていたのが興味深かった。

©アミューズ

©アミューズ

そしてお楽しみのゲーム対決は、来る年ゲーム対決として申年をテーマにしたゲーム『さるかに』で対決することに。降ってくるカニを移動して避けるという単純だがスリル満点のゲームだ。柿にぶつかってしまうとリザルト画面でカニ料理になっているのがシュールで面白い。お客さんがプレイしてみたものの、難しく3回でゲームオーバーになってしまう。ここでゲーマーである鈴川さんを再度呼び込んで、さるかにに挑戦してもらうことに。だがここで鈴川さんがプレイしているときにゴー☆ジャスさんがママ友話で話しかけて妨害し、スコアが伸びない。全員スコアが伸びず、難度を誇示して終了した。

ゴー☆ジャスさんの代々木アニメーション学院の後輩が登場してさるかににチャレンジするハプニングがあるなど場を賑やかしながら進行していく。ここで小松さんのチャレンジで本気が炸裂し、19回という最高記録を達成! ゴー☆ジャスさんは本気をだすために衣装を脱いで挑戦。「このゲームには必勝法がある!」と宣言しておいていきなりカニが潰されるなどで笑いを取っていく。ここでの罰ゲームは今年流行った一発ギャグをやる、というものだったが、ゴー☆ジャスさんの繰り出すのは2002~2004年くらいのギャグを繰り出して場を冷やしていく。そこで小松さんが見本として今年のギャグを発表することになる急展開! 「怖い怖い怖い」と連発して本気で怯む小松さん、事故ると宣言しながら鈴川さんを巻き込んで東京エレキテル連合のネタを披露し、場をなんとか切り抜けた。

この後もアプリを使ってのゲームコーナーとそれぞれ番組の宣伝をしたあと、もう一度小松さんの『セラヴィ』を採点しながら歌うというチャレンジが発生! 「このコーナーがホラーなんですけど!」とホラー実況をしている小松さんが本気で嫌がる中、イントロが流れる。歌いながら笑ってしまっている小松さんに会場が暖かい眼差しで見守っているという父兄参観日のテイストで場は進み、点数は76点と以外な? 高得点を叩きだし、番組は終了を迎えていく。シメではみんなで「にこに!」『こまっちゃんねる!』のコール&レスポンスで締めていった。

©アミューズ

©アミューズ

放送終了後は小松さんのカレンダーをご本人が手売りするなどしてファンサービスに努めていた。全イベント終了後にコメントを頂いたので、こちらで披露していこう。


――本日はお疲れ様でした! 「こまっちゃんねる」を99回重ねたということで、積み上がってきた歴史の感想などをお聞かせ頂ければ。

小松彩夏:自分自身ではカウントしてなくて、今日ファンの方からお聞きしてビックリしました(笑) 来年も引き続き、みなさんと楽しみながら放送を続けていきたいなと思ってます。

――100回記念でやってみたいことは有りますか?

小松彩夏:いつもどおりのまったりした放送をするか、企画を考えてやろうか……ちょっとまだ悩み中ですね。

――今日、セーラームーンの「セラヴィ」を歌われていましたけど、久々に歌ったお気持ちはどうでしたか?

小松彩夏:それを私に聞きますか(笑) いや、本当に歌うとか思ってなくて、ネットで流れてしまっていると思うと恐ろしくてしょうがないんですけれども。

――途中笑っちゃってたのは緊張ですか?

小松彩夏:カラオケの画面で、音程がズレ過ぎてるのが分かっちゃって、それを見たら笑ってしまって(笑) あと会場の反応が冷ややかすぎて。

――いえいえ、会場は暖かく見守っていましたよ!

小松彩夏:本当ですか? そうだといいんですけど。

――こう言うと失礼かもしれませんけれど、ご自分で事故キャラとおっしゃってましたが、確かに色々事故が発生していましたね(笑)

小松彩夏:割りと放送でもやらかしてますね……。ホラー実況チャンネルでも、いろいろハプニングが起きて。カメラをひっくり返したりとか、途中でお手洗いに行っちゃったりとか(笑)

――フリーダムですね! これからも応援させていただきますので、頑張ってください!

小松彩夏:ありがとうございます!

 

イベント情報
「ゆく年くる年こまっちゃんねる」公開生放送​

 日時:2015年12月29日
 会場:品川J-SQUARE
 出演者:小松彩夏、R藤本、鈴川絢子、ゴー☆ジャス(順不同、敬称略)

 

 

小松彩夏
グラビアアイドル、女優、ファッションモデルとして活躍。2003年に実写版セーラームーンのセーラーヴィーナス(愛野美奈子)を演じ話題になる。現在はyoutubeのチャンネルやニコニコ生放送などでも活躍するなど、活動の幅を広げている。ホラーゲーム実況は怖いけれど好きなのでやめられないとのこと。

小松彩夏オフィシャルブログ
アミューズ公式チャンネルStudio lolly

 

 

シェア / 保存先を選択