ミュージカル『天使にラブ・ソングを』が森公美子&蘭寿とむのWキャストで再演

ウーピー・ゴールドバーグ主演のヒット映画をミュージカル化した『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』が、16年5・6月に帝国劇場で再演される。

殺人事件を目撃し、マフィアに命を狙われることになった黒人歌手デロリスが身を隠した場所は、お堅い修道院。奔放なデロリスは、規律の厳しい修道女たちから煙たがられてしまうが、ある日聖歌隊のリーダーを務めることになり……。

個性的なキャラクターたちが巻き起こす騒動を、アラン・メンケン(『リトルマーメイド』『アラジン』)作曲のゴスペルや聖歌、ソウル、ロカビリーなどパワフルな楽曲に乗せて、にぎやかに描いた本作。ゴールドバーグ自らのプロデュースで、09年にロンドンで初演され、ブロードウェイ公演は、トニー賞5部門にノミネートされる人気作となった。そして、日本では昨年6月に瀬奈じゅん&森公美子のWキャストにより初演され好評を博した。

今回、主人公デロリス役には、初演から続投の森と、新たにWキャストとして蘭寿とむが決定。デロリスの幼なじみで警察官のエディ役を石井一孝が演じ、ギャングの親玉でデロリスの元恋人カーティス役は大澄賢也&石川禅がWキャストで担う。そして、修道女たちを見守るオハラ神父役として今井清隆が新たに参加し、厳格な修道院長役には鳳蘭が再び扮する。

公演情報
ミュージカル『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』

音楽:アラン・メンケン
歌詞:グレン・スレイター
脚本:チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー
演出:山田和也
出演:森公美子、蘭寿とむ(Wキャスト)/石井一孝/大澄賢也、石川禅(Wキャスト)/春風ひとみ/浦嶋りんこ/ラフルアー宮澤エマ/KENTARO/上口耕平/今井清隆/鳳蘭 ほか

期間:2016年5・6月
会場:帝国劇場
 
演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択