特集上映『3人の写真家と1人の美術家』にヴェンダース監督作など4作

特集上映『写真家特集 時代を生きる―3人の写真家と1人の美術家』が、1月16日から神奈川・横浜シネマリンで開催される。

同イベントでは、写真家やアーティストを取り上げたドキュメンタリー映画を特集。異なる時代や場所に生きた3人の写真家と1人の美術家の映画を通して、それぞれが活動した時代を浮き彫りにし、芸術の本質に迫ることを目指す。

上映作品は全て2015年に公開された作品となり、ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドのプロジェクト『Genesis』を息子のジュリアーノ・リベイロ・サルガドとヴィム・ヴェンダースが追った『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』、15万点以上の写真を遺しながら生前に1枚も作品を公表しなかったというヴィヴィアン・マイヤーのドキュメンタリー『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』、東日本大震災と向き合う写真家・畠山直哉の姿を捉えた『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』、5人の女性の物語を通して内藤礼のアートの本質に迫る『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』の4作品がラインナップされている。

各作品の上映スケジュールはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『写真家特集 時代を生きる―3人の写真家と1人の美術家』

2016年1月16日(土)~2月12日(金)
会場:神奈川県 横浜シネマリン
上映作品:
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』(監督:ヴィム・ヴェンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド)
『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』(監督:ジョン・マルーフ、チャーリー・シスケル)
『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』(監督:畠山容平)
『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』(監督:中村佑子)

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択