i☆Risのメンバーたちが舞台でも熱演! ライブミュージカル「プリパラ」2人のらぁらが未来を守るために奮闘

ライブミュージカル「プリパラ」2人のらぁらが未来を守るために奮闘

ライブミュージカル「プリパラ」2人のらぁらが未来を守るために奮闘

 2016年2月4日(木)よりZeppブルーシアター六本木で公演がスタートとなった『ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス』。本作はアーケードゲームとTVアニメを展開する『プリパラ』のミュージカル作品で、2.5次元舞台では数少ない、TVアニメで活躍するメインキャスト陣(i☆Risメンバー)が実際に役を演じることでも話題となっています。本稿ではこのミュージカルの魅力とゲネプロ公演の様子をレポートしていきます!

 
■ 未来のらぁらが過去の自分と出会う!?

 本作のストーリーでは、久家心さん・石井心愛さん(ダブルキャスト)が演じる真中らぁらが、ある出来事をきっかけに過去へタイムスリップしてしまうというオリジナルストーリーが展開されます。タイムスリップした先では、過去のらぁらと未来のらぁらは出会いを果たしてしまい、未来が変わらないように奮闘していきます。

 劇中ではTVアニメ第一話のストーリーからSoLaMi SMILEの結成、DressingPafeの結成、ファルルとの出会いなどが描かれ、そのストーリーに未来から来たらぁらやオリジナルキャラクターである青井めが姉ぇ(高柳明音(SKE48))・青井めが兄ぃ(山田親太朗)が関わっていきます。

 TVシリーズを観ていたファンは過去のストーリーを新鮮な形で、また『プリパラ』を知らない方でも第一話からのストーリーから作品を楽しむことができます。

 また、劇中のライブシーンも再現されており、「Make it!」「ミラクル☆パラダイス」「Realize!」をはじめとした歴代オープニング主題歌に加えて、「Pretty Prism Paradise!!!」「CHANGE! MY WORLD」「Love friend style」などの劇中歌もライブで披露。ステージの背景にはアニメのライブシーンが映し出され、メイキングドラマでは小道具を使って劇中の演出を舞台上で再現していました。

 そして、メインキャスト以外のキャラクターたちの再現度も高く、元宝塚歌劇団の澪乃 せいらさん演じるファルルや、元AKB48の小原春香さん演じる栄子、ちゃん子を演じる為に体重を増やして臨んだという桐木 彩乃さんなど、こちらも見所の1つとなっています。

 果たしてらぁらたちの未来は変わってしまうのか、タイムスリップしたらぁらは未来へと帰ることができるのか。そして、未来を滅茶苦茶にしようとする黒幕とその目的とは。気になる内容は実際に劇場で確かめてみて下さい!

 
■ゲネプロ後の囲み取材の模様をお届け!

――ゲネプロを終えての感想をお願い致します。

真中らぁら役・茜屋日海夏:いつもはアフレコで声だけで演じている中で、初めてちゃんとメイクもバッチリしてキャラクターになりきってという所で「どうなるんだろう」と緊張していたんですけど、いざステージに立ったら『プリパラ』の世界が広がっていて無意識にらぁらちゃんになれた気がします。凄く楽しかったです。

南みれぃ役・芹澤優:実はこの会場で通しで演じるのがゲネプロが初めてだったので、確認事項も多くて自信が無かったんですけど、始まったら今までやってきたチームの安心感を感じて、目が合うだけで芝居がドンドン進んでいくような感覚で凄く楽しかったです。

北条そふぃ役・久保田未夢:i☆Risの6人は声優として2年ぐらい演じさせて頂けたんですけど、アフレコのブーズでみるみんなとは全然違って、キャラクターと一心同体だなというのを凄く感じたので、ファンの方々も楽しめる作品なんじゃないかなと思います。

東堂シオン役・山北早紀:シオン風に言うと緊張九割といった感じだったんですけど、そんな中で和気あいあいとできたのはアニメの中で東堂シオンという役を2年間やってきたからだなと思います。本番は楽しみたいと思います。

ドロシー・ウエスト役・澁谷梓希:こうして『プリパラ』がミュージカルになった事が凄く嬉しくて、稽古中も「もっとこうしたい」というのがたくさんあって、演出家さんだったりスタッフの方に出しゃばり過ぎてメンバーからも注意されながら出来上がったこのミュージカルを千秋楽まで皆で頑張って最高のステージにしていきたいと思います。

レオナ・ウエスト役・若井友希:初めにみんなのシルエットが映るんですけど、本当にキャラクターそのままで感動していました。みんな稽古の時よりもアドリブを入れていたりして凄く活き活きとしていたので、このまま千秋楽まで駆け抜けたいと思います。

青井めが姉え役・高柳明音:私自身も『プリパラ』が大好きで、最初にミュージカルが決まった時は自分が出演することは決まっていなくて、「絶対観に行くよ」って言っていたんです。そうしたら(若井)友希ちゃんが「今日パンフレットの撮影したよ」って可愛い写真が送られてきたんですけど、その時はもう決まっていたんですよ。「ちゅりちゃん絶対見に来てね」ってラインも来たんですけど、「ある意味観ているけど」と思っていて内緒にしていたんです。でもこの時はアニメとこんなにキャラクターが違うとは思っていなくて、すごくびっくりしました。最後の方のシーンではこの役的には感動してはいけないんですけど、ファン的には涙を我慢するのが精一杯でした。ファンとしても出演者としても素晴らしい舞台だなと思っています。

青井めが兄ぃ役・山田親太朗:僕は始まる前に(高柳)明音ちゃんから『プリパラ』のDVDを借りまして、それで勉強して入りました。最初は男は僕1人だったのですごく不安だったんですけど、意外と馴染めてきて、稽古中からずっとみんなと一緒なので「Make it!」は完璧に踊れるようになれまして、千秋楽の日は舞台袖で踊ろうかなと思います。覚えては明音ちゃんに見せて「どう?」って聞いていました。


――代表して茜屋さんから本作の見所を教えて下さい。

茜屋:後ろの映像と踊りがリンクしていたり、今回一番言いたいのがアンサンブルの皆さんが凄く頑張って下さっていて、メイキングドラマを再現するために一生懸命動いてくれていて、私達の踊りもそうなんですけど、アンサンブルの方たちの動きにも注目してもらって舞台全体を楽しんでもらいたいなと思います。

■ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス
公演日程:2016年2月4日(木)~7日(日)8st
※開場は開演の30分前予定
会場:Zeppブルーシアター六本木(〒106-0032 東京都港区六本木5-11-12)
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
脚本:坪田文
演出:田尾下哲
出演:
 茜屋日海夏、芹澤優、久保田 未夢、山北 早紀、澁谷 梓希、若井 友希
 久家心/石井心愛(ダブルキャスト) 高柳明音(SKE48) 山田親太朗 他

>>ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス公式サイト

(C) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PP2製作委員会

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択