「深海生物」に特化したエリアが誕生!八景島シーパラダイス「未知なる海底谷 深海リウム」

SPICER

画像を全て表示(18件)

7月25日、日本最大級の水族館「横浜・八景島シーパラダイス」に、 深海生物に特化した新展示エリア「未知なる海底谷 深海リウム」が誕生する。

深海とは、地球上の70%を占める海の中で200メートルよりも深い海域を指す。「未知なる海底谷 深海リウム」は、水族館「アクアミュージアム」にある既存の深海生物の展示を一新し、都市型の深海・東京海底谷の生物を中心に約40種50点を集めて新設したエリアだ。

展示では海底に潜む掃除屋「オオグソクムシ」のほか、神秘的なヒトデの仲間「テヅルモヅル」、奇抜な形をした「イガグリガニ」や「コツノガニ」など、テーマごとに多数の深海生物を展示する予定。また、同水族館が2009年より続けているサメ「ミツクリザメ」の飼育展示と生態研究も公開する。ゴブリンシャークとしても知られる希少なサメが、深海の世界を案内してくれる。
 

さらに「未知なる海底谷 深海リウム」の隣には、半球型ドームスクリーンに映し出される720インチのデジタルハイビジョン映像とサラウンドによる立体音響が楽しめる海の映像館「アクアシアター」も設置されている。ここではオリジナルのアドベンチャー・ショートムービー「THE深海~発見!驚異の深海生物~」を好評上映中だ。しんかい6500などで撮影された希少な深海生物の生態などを、思う存分楽しむことができる。 

夏休みは、涼しげな水族館で未知の深海生物との遭遇を楽しもう。

イベント情報
未知なる海底谷 深海リウム​
 日時:2015年7月25日(土)~(常設展示)
 会場:アクアミュージアム5階
 展示生物約40種250点
   主な展示生物オオグソクムシ、 ヌタウナギ、 スソウミヘビ、 ヤマトトックリウミグモ、 ヒゲウミシダ、 ボウズウ二、 コツノキンセンモドキ、 コツノガニ、 サガミモガニ、 テヅルモヅル、 アズマハナダイ、 ベニテグリ、 他

THE深海~発見!驚異の深海生物~​
   
日時:上映中
 会場:アクアミュージアム5階 「アクアシアター」
 上映時間:15分間
   料 金 : 500円(水族館入館料とは別料金となります。お得なセット券もございます。)
 
シェア / 保存先を選択