小池徹平・三浦春馬が「キンキーブーツ」日本版で競演!

ニュース
2016.2.9
小池徹平・三浦春馬

小池徹平・三浦春馬

シンディ・ローパーが全曲書き下ろし

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の日本版が、2016年7月から8月、東京と大阪で上演される。

2013 年、トニー賞で最多となる13 部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞(ビリー・ポーター:ローラ役)、オリジナル楽曲賞(シンディ・ローパー)、振付賞(ジェリー・ミッチェル)、編曲賞、衣装デザイン賞の6部門を受賞したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ(Kinky Boots)」。経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリーが、ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いたイギリス映画(2005 年公開)をミュージカル化した舞台作品だ。シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題を集め、今もなおブロードウェイで大ヒット上演中である。日本でも、昨年のミュージカル「HEADS UP!」の中で(一瞬であるが)言及されたり、「ニューイヤー・ミュージカル・コンサート 2016」で出演者たちが劇中ナンバーを歌って盛り上がるなど、すでに注目度は非常に高い。

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

音楽・演出・振付はそのままに、主演のチャーリーとローラには、高い歌唱力を武器に「デスノート The Musical」のL役で評判を集め、今年、帝国劇場にて主演ミュージカル「1789−バスティーユの恋人たち−」が控える小池徹平と、主演映画「進撃の巨人」が大ヒット、卓越した歌とダンスで舞台での評価も高く、ブロードウェイミュージカルに初挑戦となる三浦春馬が初タッグを組む。また、ヒロインのローレン役には、抜群の歌唱力で舞台女優として幅広く活躍しているソニンが決定した他、ミュージカル女優としてのキャリアを着実に重ねている玉置成実などオーディションによって選ばれた魅力ある実力派俳優たちが集結する。

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

「キンキーブーツ」ブロードウェイプロデューサーである川名康浩氏からは、『本作が世界に向けて伝えてきたのは、" You change the world when you change your mind! (あなたの心を変えた時、あなたは世界を変えられる)"。小池徹平さん、三浦春馬さんには、日本のチャーリー、ローラとして、この大切なメッセージを日本の皆さんの心にしっかりと届けてくれるよう期待しています』とのコメントが寄せられている。

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

ブロードウェイ版「Kinky Boots」舞台写真

本作の出演決定をうけて、三浦はNYに渡り、シンディのヴォイストレーナーによるヴォーカルレッスンを受けて、シンディ・ローパーから直接アドバイスを貰うなど、気合いの入れ具合はハンパではない。華やかな歌とダンス、そしてコミカルなストーリ-の中には、世界が様々な問題や不安を抱える今、人々にとって本当に必要なメッセージが込められている。困難な中でも自分らしく生きることの大切さを教えてくれる、笑いと感動に溢れたブロードウェイミュージカルの最高傑作、日本版「Kinky Boots」は7月21日より東京・新国立劇場を皮切りに大阪オリックス劇場で上演。

さらに10月には、東急シアターオーブにてブロードウェイ来日版「Kinky Boots」の来日公演も決定している。短期間のうちに国内で日米両舞台を見較べることができるとは、なんと贅沢な愉しみであることか。



【チャーリー・プライス役:小池徹平】
ブロードウェイミュージカルの名作に挑戦させていただけること、今からとてもわくわくしてます。楽曲も素敵で、岸谷さんと初めてご一緒出来ることもすごく楽しみです。豪華なキャストの皆さんと共に、また新たなる自分の発見、そして進化できるように、引き締めて頑張りたいと思います!

 ≪ 小池撤平プロフィール ≫
2001年「JUNONスーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。映画『ホームレス中学生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。端正かつフレッシュな笑顔と人懐っこいキャラクターで、幅広い世代から高い支持を集めている。近年の主な出演作にドラマ『医龍』『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』『あまちゃん』『婚活刑事』、映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』など多数。高い歌唱力を武器に、『デスノート The Musical』のL(エル)役で高い評価を受け、4月から帝国劇場にて 主演ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が控えている。


【ローラ役:三浦春馬】
2013年夏、ブロードウェイで観劇し、強く憧れた役を演じることができ、とても嬉しくおもいます。と同時に大きなプレッシャーも感じてきていますが、自分が本国の劇場で包まれたミュージカル・キンキーブーツの感動を少しでもお客様に受け渡せるよう、努力して行きます。

 ≪ 三浦春馬プロフィール ≫
08年に『恋空』で第31回日本アカデミー賞「新人俳優賞」、14年には『永遠の0』で第38回日本アカデミー賞「助演男優賞」を受賞。日本を代表する若手俳優としてドラマ・映画・舞台と幅広く活躍中。近年の主な出演作にドラマ『僕のいた時間』。映画『真夜中の五分前』 、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇/後篇)など多数。現在も連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系金22時~)に出演中。また卓越した歌唱力とダンスを武器に舞台でも活躍、出演作に地球ゴージャス『星の大地に降る涙』『海盗セブン』、劇団新感線『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』等がある。

 


■ストーリー

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグ・クイーンのためのブーツ“キンキー・ブーツ”をつくる決意をする。チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…


 
公演情報

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

■公演日程
東京公演:7月21日(木)~8月 6日(土)新国立劇場 中劇場
大阪公演:8月13日(土)~8月22日(月)オリックス劇場
■東京公演一般発売:4月9日(土)
■チケット料金:東京公演 S席13,500円/A席12,000円(全席指定席・税込)
■チケットに関するお問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 
■公演に関するお問い合わせ:アミューズチアリングハウス 03-5457-3476(平日15:00~18:30)
■公式サイト:http://www.kinkyboots.jp/

 
■出演
小池徹平 三浦春馬
ソニン 玉置成実 勝矢 ひのあらた
飯野めぐみ 白木美貴子 施鐘泰(JONTE)
穴沢裕介 森 雄基 風間由次郎 森川次朗 遠山裕介 浅川文也
佐々木誠 高原紳輔 中村百花 丹羽麻由美 舩山智香子 清水隆伍 加藤潤一 他

 
■脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
■音楽・作詞:シンディー・ローパー
■演出・振付:ジェリー・ミッチェル
■日本版演出協力・上演台本:岸谷五朗 訳詞:森 雪之丞
■主催:㈱アミューズ/㈱フジテレビジョン/㈱サンライズプロモーション東京
シェア / 保存先を選択