「柚希礼音が皆さんをジャックします!」宝塚退団後初ソロコンサート「REON JACK」公開稽古

SPICER
柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

元宝塚星組トップスター、柚希礼音が退団後初のソロコンサート「REON JACK」を開催。

1999年に宝塚歌劇団に入団、直後から期待の新人として抜擢され、2009年、入団11年目に星組トップスターに就任。以降6年間、宝塚100周年を代表する希代のトップスターとして、多くのファンを魅了してきた柚希。退団後は、単身渡米し、ワールドプレミア ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」に唯一の日本人キャストとして出演し、大きな話題となった。そんな柚希が次にみせるステージとはいったい!?

17日(水)午後、都内にてコンサートの公開稽古が披露された。
稽古場中央には大階段が設置され、その一番上から登場する柚希。本公演のオリジナル曲「DIAMOND IS YOU」をソロで披露。いつしかバックダンサーが脇を固め、柚希をさらに盛り立てていくように華やかに踊る。途中から青みがかったハットかぶった柚希は2曲目「REON JACK」(2月24日発売のCD「R+」に収録)を歌う。思わず手拍子を送りたくなるような雰囲気の中、柚希たちはペンライトを手に盛り上げて、ファンサービスの練習も!? 柚希のカッコよさと、かわいらしさの両面を堪能できるナンバーとなりそうだ。

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

稽古披露のあと、囲み会見が行われた。退団してからの約1年を振り返った柚希は、「宝塚歌劇団は本当にあたたかくて最高の場所。そこで自分はいろいろな人に支えられていたので、退団後、身一つでアメリカに行く際には不安だらけになりました。でも、もう一度自分自身を見つめなおす時間でもあったので、自分が自分を信じてやらねば、と。もう一度立ち上がらないと、と思いました。とはいえ、やってもやっても進んでいないという気持ちになったこともあったし、環境も変わり不安にもなりましたが、それらも全部勉強だったと今は思います」と語った。(この頃の心境は前述のCD「R+」に収録されている「希望の空」に描かれているとのこと)

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

また、観客を巻き込んでのステージになりそう、という話について、「REONコンサートは、お客様と一緒に楽しめることがいちばん、と思って、稲葉(太地)先生とともに、ああかなこうかなとアタマを抱えながら作ってきました。退団後にファンの方やお客様が、ハロルド・プリンスさんの舞台のあとに何が観たいかな?…そういう心情も考えていました。カッコイイところもあったり新しい私があったり、いろいろなものが観れるようにしたい、何よりお客様がきちんと観ているだけでなく、すごく楽しくて一体感のあるものにしたいと思います」とコメント。その後「やはりペンライトは必要かな?今回もかわいいペンライトを作りました。色とかもこだわりました。あと、「REON JACK」で合いの手みたいなものを入れるところがあるので、お客様には前もってCDを聴いておいていただきたいな」とPRもさりげなく盛り込んでいた。

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」

「この空間だけは、お客様は礼音にジャックされたいと思って来てくださると思うので、私も皆さんをジャックしたいと思って頑張ります!」と語る柚希。着用するTシャツにもその強い想いが込められているという。

柚希礼音「REON JACK」

柚希礼音「REON JACK」


3月の梅田芸術劇場、そして東京国際フォーラムの本番をお楽しみに!
 
 
撮影・文=こむらさき
 
公演情報
「REON JACK」

■日時・会場
2016年3月11日(金)~3月17日(木) 梅田芸術劇場メインホール
2016年3月26日(土)~4月11日(月)東京国際フォーラム ホールC

■構成・演出:稲葉太地(宝塚歌劇団)
■音楽監督:長谷川雅大
■振付:原田 薫/SHUN/DAZZLE

■出演:
柚希礼音
陽月 華
音花ゆり、鶴美舞夕
ダンサー:クリスティアン・ロペス、岩崎大輔、小南竜平、加賀谷一肇、宮垣祐也、
イ・ニュヨン、カン・ドンソク、クォン・ヨングク、パク・キョンス

■公式サイト:http://www.umegei.com/reonjack2016/ 

シェア / 保存先を選択