初公開作品も!三越前で“東京アニメ映画祭”が開幕

ニュース
2016.3.8


3月18日(金)~21日(月・祝)の期間中、「東京アニメアワードフェスティバル 2016」が三越前のTOHOシネマズ 日本橋で開催。今年で3回目を迎える国際的なアニメフェスだ。

■ ちびまる子ちゃんやラブライブなども

「独創性かつメッセージ性のある作品を創り出す人材の発掘と育成」と「まだ見ぬ作品を東京から世界に発信」することを目的とした映画祭。「アニメ オブ ザ イヤー部門」、「アニメ功労部門」、「コンペティション部門」の3部門で構成されており、昨年は「アナと雪の女王」などが受賞した。期間中は、アワードの受賞作品の発表をはじめ、国内外のアニメ作品の上映会が開催される。

注目は2月29日に開催された第88回アカデミー賞ノミネート作品「父を探して」の上映だ。同フェスティバルがこの作品の日本初公開の場となる。そのほか、親子で楽しめる作品も多数上映予定。昨年459万人を動員した「バケモノの子」や、テレビアニメ放送25周年を迎えた国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」など話題の作品が参加する。さらに、第39回日本アカデミー賞の優秀作品賞を受賞した「ラブライブ!The School Idol Movie」と「心が叫びたがってるんだ。」の上映も決定している。

「家族連れからカップルまで楽しんでいただける作品を多数ご用意しております。ぜひ、ご来場ください」(PR担当者)。

ファンはもちろん、世界的にも注目されている映画祭で最先端のアニメを鑑賞してみては?【東京ウォーカー】

[IMAGE]413792
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択