シチュエーションコメディと生演奏を軸に舞台を作り上げる注目の劇団・PATCH-WORKSへインタビュー

インタビュー
舞台
2016.3.9
劇団PATCH-WORKS『もっと高く』

劇団PATCH-WORKS『もっと高く』

シチュエーションコメディを主として綿密な会話劇と笑いへのこだわりがあり、人と人との繋がり、そして誰がみても幸せな気分になれる演劇を目指している。オリジナル楽曲で様々なジャンルへと挑戦をし、生演奏の様々な楽器を組み合わせて演奏するスタイルで主軸にはギターとバイオリンを配置することが多い。演劇に興味がない人たちに演劇の面白さ、LIVEで行われる演劇の魅力に気付いて欲しい。【映画館に行くのと同じ気軽さで劇場に】【デートで来れる演劇に】この2点をコンセプトに活動している『PATCH-WORKS』に今回の公演について伺った。
 

 --PATCH-WORKSさん結成までの経緯を教えてください。

『PATCH-WORKS』には前身となるユニットがありました。その名も『レジェンドファイト』。音楽や芝居でフラッシュモブや路上ライブ、プロポーズのお手伝いなど色々やっていました。そこから芝居を主に置く劇団としてメンバーを変えて新たに『PATCH-WORKS』を立ち上げました。


--PATCH-WORKSさんの作品の特徴や雰囲気、作風を教えてください。

とにかく賑やかでエネルギッシュな作品が多いです。ただ、今回の作品ははじめての試みでテーマを少し重めに尚且静かな雰囲気です。次回公演はまたドタバタコメディなので、そちらも是非!


--次回公演『ACT vol.1『もっと高く』』について、作品のあらすじを教えてください。
 

どうすればこの場所を守れるのだろう。
それぞれの想いは力になっていく。
少しずつでも進もう。
もっと、もっと。もっと高く。


 

生演奏とコーヒーの香りが漂うカフェをお楽しみください。
 

--次回公演『ACT vol.1『もっと高く』』の見どころを教えてください。

見所は舞台上の生演奏。そして舞台上で実際に入れるコーヒーの音と匂いです。上演時間90分のうち、20分ほど生演奏が盛り込まれています。


--PATCH-WORKSさんの今後の展望・野望があれば教えてください。

野望はもう、演劇をみない層にも劇場に足を運んでもらう劇団になることです。映画館に来るみたいに劇場に来てほしい。チケット代はできるだけ映画館に近づけて。気軽に、気軽にを目標にしています!
 

--PATCH-WORKSさんに関心を持たれた方に、メッセージをお願いいたします!

今回、私たちを目に止めてくださり誠にありがとうございます。気軽に劇場にお越しください。絶対に、笑わせます。一緒に楽しみましょう!





PATCH-WORKS「ACT vol.1『もっと高く』」をお得に観に行こう!

全国の舞台公演チラシが見られるアプリ「チラシステージ」から、PATCH-WORKS「ACT vol.1『もっと高く』」をお得に観に行ける「観劇モニター」キャンペーンへのお申込みができます!ぜひこの機会にアプリをインスト―ルして、チェックしてみてください!

▼「チラシステージ」インストールはこちらから!
○iPhone/iPadの方はこちら

○Androidの方はこちら

公演情報
PATCH-WORKS ACT vol.1 『もっと高く』

 日時:2016年3月17日(木)-20日(日)

  【タイムテーブル】※開場は開演の30分前です。
   3月17日(木)14:00☆/19:00★
   3月18日(金)14:00/19:00
   3月19日(土)14:00/19:00
   3月20日(日)13:00★
   ☆:初日割DAY ★:イベントDAY

 会場:北池袋新生館シアター

 出演者:三國谷花、田中星男
      (以上 PATCH-WORKS)

     西岡沙彩、松宮正和

     天野尺、渡辺みなみ

     櫟原将宏(DACTparty)
 

 

シェア / 保存先を選択