押見修造の漫画『惡の華』が舞台化、7月に上演

ニュース
2016.3.9
 ©押見修造/講談社

©押見修造/講談社

押見修造の漫画『惡の華』が舞台化され、7月27日から東京・浅草六区ゆめまち劇場で上演される。

2009年から2014年まで『別冊少年マガジン』に連載され、2013年にはテレビアニメ化もされた『惡の華』は、ボードレールに心酔する少年・春日高男の鬱屈とした青春を描いた作品。舞台化は1993年生まれの加藤拓也が代表を努め、これまでに舞台『博士の愛した数式』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』などを上演してきた劇団た組が手掛ける。

同公演のプロデュース、演出、脚本を担当する加藤は「自分の好きな漫画を自分の好きな表現にできる幸せ。原作に最大限の敬意を払って取り組みたい」とのコメントを発表している。

イベント情報

劇団た組。第10回目公演
舞台版『惡の華』

2016年7月27日(水)~7月31日(日)

会場:東京都 浅草六区ゆめまち劇場
脚本・演出:加藤拓也
原作:押見修造『惡の華』(講談社)

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択