"永遠に成長し続けるアート作品"を作れる 「SORA(ソラ)プロジェクト」がワークショップ開催

ニュース
2016.3.14
ギャラリーキッサ/台東区蔵前

ギャラリーキッサ/台東区蔵前

画像を全て表示(2件)

2016年4月1日(金)~4月3日(日)、IID世田谷ものづくり学校にて細胞アーティストOuma(オーマ)が主催する「SORAプロジェクト」の展示とワークショップイベントが開催される。

SORA(ソラ)プロジェクトとは、世界中の人から絵を集めて1つの空みたいな巨大な作品をつくるアート作品プロジェクトだ。世界中の誰もが、人種、言語、職業、性別、宗教、特徴、年齢などを問わず参加することができる。参加する人が増えるほど大きく成長するため、"永遠に成長し続けるアート作品"とも評されている。あらゆる背景を超えて、人の心に触れるものがつくりたいという思いで2013年から開始されたこのプロジェクトは、これまでに日本やタイの子どもたちのほか、入院中や障がいのある人たちなど、さまざまな人が参加してきた。

ワークショップでは、細胞アーティストOuma(オーマ)の指導の下、A4サイズの紙をつなげた大きな用紙に対して好きな箇所に絵を描き、これまでの「SORAプロジェクト」で作られてきた作品に繋げ、巨大なアートワークに仕上げていく。

「SORAプロジェクト」作品を目の当たりにすると同時に、世界中の人々が繋げてきた作品の一部を担うことができる貴重な機会だ。親子でも楽しめそうなこのイベント、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

実施参考イメージ

実施参考イメージ

 
イベント情報
SORA Project presents 世界を旅する作品を作ろう! ~誰かとつながる ぬり絵ワークショップ​

日時:2016年4月1日(金)~4月3日(日)
会場:IID世田谷ものづくり学校 IID Gallery
時間:11時~16時までの間、自由参加・自由解散
参加費:共同制作は、無料。(1人1枚の制作を希望する場合は、500円を目安に活動への寄付が必要)
主宰:細胞アーティストOuma(オーマ)
内容:A4サイズの紙をつなげた大きな用紙の好きな場所で制作。乾燥後に、これまでの作品とつなげ、巨大なアートワークに仕上げる。

 

アーティスト情報
細胞アーティストOuma(オーマ)

東京都出身。元獣医師/細胞アーティスト。2011年2月に臨床獣医師を辞め、アーティストに転向。2013年1月に六本木のUNAC TOKYOにて初個展。治療の代替としてのアートの探求を目指し、生命の最小単位である「細胞」をモチーフとした体験型の作品を制作。「SORAプロジェクト」を主宰。家賃0円クリエイターズシェアハウスTOLABL住人。
Ouma HP:http://oumavet.com/

 

シェア / 保存先を選択