【FUJI ROCK】椎名林檎、息をつかせぬパフォーマンスで苗場を完全制圧

SPICER

椎名林檎、フジロックの地に舞い降りる!

2004年に東京事変として出演はしているが、意外にも“椎名林檎”名義としては初となった今回のフジロック。

メンバー全員白衣装、椎名林檎も80年代を思わせるような白ワンピースに赤リボン姿で登場。いよいよ始まる、椎名林檎劇場の幕開けは「丸の内サディスティック」だ。

そして息つく間もなく、次から次へと曲が展開されていく。

終盤には着ていた白ワンピースを脱ぎ捨て、セクシーなハイレグ衣装へ大変身をとげた。会場からわき上がる歓声。男女問わず、会場にいた誰もが彼女の姿に釘付けになったことだろう。

これまで何度も彼女のライブを観てきたが、椎名林檎という唯一無二のカリスマ性は留まることを知らない。見れば見るほどに進化を遂げている。恐るべし、椎名林檎。

そして14曲、ほぼMCなしのノンストップ演奏。

全く無駄のないストイックなライブアクトを魅せてくれた。

デビュー当時の曲から最新曲まで、椎名林檎を堪能できるセットリストに「これぞ椎名林檎!」と言わんばかり、圧巻のステージであった。

シェア / 保存先を選択