高橋優の地元秋田フリーライブに5000人「秋田の音楽を盛り上げます」

レポート
2015.7.28
高橋優(写真提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

高橋優(写真提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

高橋優が7月25日に、地元の秋田にてフリーイベント「高橋優デビュー5周年記念 ベストアルバム発売記念祭『秋田で笑う約束』」を開催した。

このライブは高橋が7月22日にベストアルバム「高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』」をリリースしたことを記念して行われたもの。会場の秋田市エリアなかいちには凱旋を祝うのぼりが多数立てられ、高橋の軌跡を追った「高橋優展」も開催されるなど、歓迎ムード一色となっていた。当日はあいにくの雨模様となったものの、会場には早朝から入場整理券を求めるファンや地元市民が長蛇の列を作った。

イベントのオープニングセレモニーでは、高橋が秋田県の魅力を全国にPRする「あきた音楽大使」に任命されたことを発表。佐竹敬久秋田県知事は「テレビなどでごく自然に秋田をPRしてくれて、今、一番秋田を元気にしてくれる男! 秋田を音楽で全国、全世界に広めてほしい。秋田県民全員、優くんファンになりましょう!」とメッセージを送り、高橋も「僕のライブでもずっと立って踊っているような熱い県知事と一緒に、秋田の音楽を盛り上げていきます」と意気込みを語った。

イベントのメイン企画である高橋のライブがスタートする頃には雨も上がり、デビュー曲「素晴らしき日常」からライブがスタート。高橋は「行くぞ秋田!」と雄叫びを上げ、集まった約5000人の観客を盛り上げた。その後もバンドでの初披露となった「おかえり」、最新シングル曲「明日はきっといい日になる」などのナンバーを次々とパフォーマンス。秋田弁を取り入れた歌詞で話題を呼んだ「泣ぐ子はいねが」では、本物のなまはげがステージに乱入しオーディエンスを沸かせた。

アンコールで高橋は「同じ空の下」を熱唱。「僕らはこの同じ空の下でつながってます、またいつか笑顔でこうして会いましょう!」と挨拶し、90分にわたるフリーライブを締めくくった。

10月4日からは秋田公演を含む全国ツアー「高橋優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR『笑う約束』」がスタート。12月5、6日の東京・日本武道館2DAYS公演まで、12会場13公演が予定されている。

高橋優デビュー5周年記念 ベストアルバム発売記念祭「秋田で笑う約束」
2015年7月25日 秋田市エリアなかいち セットリスト

01. 素晴らしき日常
02. 太陽と花
03. BE RIGHT
04. 靴紐
05. ほんとのきもち
06. おかえり
07. 少年であれ
08. パイオニア
09. 明日はきっといい日になる
10. オモクリ監督
11. こどものうた
12. 泣ぐ子はいねが
13. 福笑い
<アンコール>
14. 同じ空の下

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択