都市型アニメ×テクノフェス『Re:animation9』がさらなる豪華ゲストを発表

ニュース
2016.4.10
新宿の街が熱狂に包まれる! ©リアニメーション実行委員会

新宿の街が熱狂に包まれる! ©リアニメーション実行委員会

画像を全て表示(5件)

リアニメーション実行委員会(東京都中野区)は4月8日、クラウドファンディング・プラットフォーム・CAMPFIREを使用した資金調達による無料フェスティバルの開催を目指すプロジェクト『Re:animation9-Rave In 新宿歌舞伎町-』の出演者第2弾ラインナップを発表した。

前回紹介されたゲストのHIROSHI WATANABE a.k.a KAITO、ヒゲドライバーに加えて4組もの豪華ゲストが発表。ここではその4組を紹介していこう。

一番手に上がるのはボーカリスト・Mayu、プロデューサー・Tom-H@ckを中心としたコンテンポラリー・クリエイティブ・ユニットのMTYH&ROID。大人気web小説を原作とした今期アニメ作品『Re:ゼロから始める異世界生活』プレゼンツによる「リゼロ×リアニ」コラボとして登場する。

『リゼロ×リアニ』feat.MTYH&ROID ©リアニメーション実行委員会

『リゼロ×リアニ』feat.MTYH&ROID ©リアニメーション実行委員会

そしてアニメ主題歌で人気の高いボーカリストのオーイシマサヨシとサウンドプロデューサー・Tom-H@ckからなるデジタルロックアーティストユニット・OxTが参戦。

OxT ©リアニメーション実行委員会

OxT ©リアニメーション実行委員会

さらには昨年、プロレス団体DDTの興行で華々しくデビューした大型新人アイドルユニット・backdrops(日高のり子、山崎和佳奈、松井菜桜子)がライヴを披露する。

backdrops ©リアニメーション実行委員会

backdrops ©リアニメーション実行委員会

クラブカルチャーサイドからは、Pioneer DJがサポートする技巧派DJ・YAMATOがスペシャルアクトとして出演が決定。アニメ系イベントとしては初となる出演で、アニメカルチャーとクラブカルチャーの融合をテーマに掲げている『Re:animation』ならではのラインナップになっている。


YAMATO ©リアニメーション実行委員会

YAMATO ©リアニメーション実行委員会

『Re:animation9』は4月28日まで実施するクラウドファンディングの支援総額が350万円に達すると開催が決定となるシステムになっている。このラインナップに加えて豪華DJ陣も参加するイベントを実現させるためには支援が必要となるので、興味がある方は公式サイトをチェックしてもらいたい。基本参加は無料だが、目当てのアーティストを確実に見るためには必需品となる優先入退場パスを始めとして、推しのアーティスト、DJを応援するためのノボリ制作権、2週間新宿をジャックできるフラッグ掲示権など、金額に応じてユニークな特典が付いているのもポイント。また目標達成後も支援総額に応じてイベントがグレードアップするストレッチゴールを設けているので注目だ。


 
イベント情報
 Re:animation9

 日時:2016年7月10日(予定)
 会場:新宿歌舞伎町シネシティ広場&新宿BLAZE(2会場)
 参加費:無料
 出演:HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO
     Pioneer DJ Presents YAMATO
     
     『リゼロ×リアニ』feat.MYTH&ROID/OxT/backdrops/彩羽真矢
     
     ヒゲドライバー/Dr.Shingo/やっしー&あにき(from Osaka)/
     TAKUYA the bringer(from Fukuoka)/Hedonist/Conures/SMYLE/
     spacetime/後藤王様/Megsis/Fish&Chips(strada,DJ MASAKARI)/
     REV-TUNE/asanoappy
     
     Spike-Bloom/Sabaleon/ぽつねん/SIGMA/ASTE
     
     うさみけP
     ……and more!!
シェア / 保存先を選択