市村正親&大竹しのぶ「スウィーニー・トッド」が開幕

ニュース
舞台
2016.4.16
スウィーニー・トッド役:市村正親、ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ (写真撮影:渡部孝弘)

スウィーニー・トッド役:市村正親、ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ (写真撮影:渡部孝弘)


市村正親と大竹しのぶが主演するミュージカル「スウィーニー・トッド」が4月14日(木)、東京芸術劇場プレイハウスで開幕した。本作は2007年に初演、今回で4度目の上演となる。また、今回の上演をもって、市村&大竹コンビでの上演がファイナルとなる。

ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ、トバイアス役:武田真治 (写真撮影:渡部孝弘)

ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ、トバイアス役:武田真治 (写真撮影:渡部孝弘)


舞台は18世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営む男が、彼の妻に想いを寄せる判事によって無実の罪を着せられ、牢にぶち込まれる。それから15年後、牢を出て、名前を「スウィーニー・トッド」と変えて街に戻った男は、妻の自殺そして娘が判事に養われていることを大家のミセス・ラヴェットから聞かされる。かくしてミセス・ラヴェットのパイ屋の2階に理髪店を開き、商売道具のカミソリを手にした「スウィーニー・トッド」はにっくき判事への復讐劇を始める――。

スウィーニー・トッド役:市村正親 (写真撮影:渡部孝弘)

スウィーニー・トッド役:市村正親 (写真撮影:渡部孝弘)


東京公演は5月8日(日)まで。その後、大阪・名古屋を巡演する。

ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ (写真撮影:渡部孝弘)

ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ (写真撮影:渡部孝弘)

ブロードウェイミュージカル「スウィーニー・トッド」
スウィーニー・トッド役:市村正親、ミセス・ラヴェット役:大竹しのぶ、トバイアス役:武田真治
写真撮影:渡部孝弘
主催:フジテレビジョン、ホリプロ
企画制作:ホリプロ
 
公演情報
ブロードウェイミュージカル『スウィーニー・トッド ~フリート街の悪魔の理髪師~』

■演出・振付:宮本亜門
■出演:市村正親、大竹しのぶ、芳本美代子、田代万里生、唯月ふうか、安崎求、斉藤暁、武田真治 ほか
 
<東京公演>
■東京芸術劇場 プレイハウス(東京・池袋)
■期間:2016年4月14日(木)~5月8日(日)
■料金:S席13,000円、サイドシート席8,500円
■チケット一般発売:2016年1月16日(土)
 
<大阪公演>
■シアターBRAVA!
■期間:2016年5月13日(金)~15日(日)
■料金:プレミアムシート15,000円(公演プログラム付き)、S席13,000円※全席指定・税込
■チケット一般発売:2016年2月20日(土)
 
<名古屋公演>
■愛知県芸術劇場 大ホール
■期間:2016年5月20日(金)~22日(日)
■料金:S席13,000円、A席10,000円、B席7,000円※全席指定・税込
■チケット一般発売:2016年2月6日(土)

■公式サイト:http://hpot.jp/stage/st2016
 

 

シェア / 保存先を選択