足立区の新しいアートスポットを巡る

ニュース
2015.7.31


2015年5月20日、足立区に新たな美術館が誕生した。区を代表するアート・文化施設「東京芸術センター」の2階にできた「日本現代美術館 東京分館」だ。

■ 世界的評価を得るビッグネームの作品も

ここは、日本では稀少な彫刻専門の美術館。芸術家の育成を目的としており、日本芸術センター主催の彫刻コンクールに入賞した作品や、受賞・入選作家による作品などを買い上げて展示している。

展示作品は一辺の長さが概ね70cm以下という規定があるものの、素材やテーマは自由。それだけに、「これが彫刻?」と驚かされるような斬新で個性的な作品が多く選出され、メリハリのあるラインナップになっている。

また、コンクール受賞作家の中には、14年に金賞を受賞した早川榮二さんの「生き物の力」など、すでに世界的評価を得ているビッグな彫刻アーティストも見られ、迫力満点の作品群を鑑賞できる。

東京芸術センター内は、公共フロアにも彫刻の展示があるほか、映画上映や定期演奏会などのイベントも行われているので、美術館を出たあとも施設内でアートな一日を過ごせる。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択