立花文穂初めての作品集が刊行 文字に溺れた20年の創作活動を展望する

SPICER+
Leaves 立花文穂作品集

Leaves 立花文穂作品集

画像を全て表示(4件)

2016年5月11日(水)に、 『Leaves 立花文穂作品集』が刊行された。

立花文穂は、文字、紙、本を素材やテーマに作品を制作しているアーティスト。立花はグラフィックデザイナーとしても国内外で高く評価されており、本書にはアートワークのみならず、葉書からポスターまで多種多様な印刷物や本、写真、章などが多数収録されている。 

本書は1995年の初個展「MADE IN U.S.A.」から20年間の創作活動を、実際の本にして可視化する試みと言える。道端で紙屑を拾い集める行為に始まり、インスタレーションや活版印刷、写真、編集など、さまざまな手法によってつくりあげてきた独自の世界を、ひとつの塊として表現する。 

特設サイトURL: http://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/leaves/ 



【著者プロフィール】
立花穂(たちばな・ふみお)
アーティスト/グラフィックデザイナー。1968年広島生まれ。字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表。東京TDC賞やブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレグランプリを受賞するなど、グラフィックデザインの分野でも評価が高い。 2007年より自ら責任編集とデザインを手がける不定期刊行物『球体』を始め、現在6号まで刊行している。 個展に「デザイン立花穂」展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、 2011年)など、グループ展にMOTアニュアル2008「解きほぐすとき」展(東京都現代美術館、 2008年)、「風穴」展(国立国際美術館、2011年)などがある。 アーティストブックに『クララ洋裁研究所』『木のなかに森がみえる』『風下』などがある。 著書に『かたちのみかた』(新光)がある。 現在、女子美術大学教授。 
 

書籍​情報
『Leaves 立花文穂作品集』

著 者:立花文穂 
仕 様:B5変型判(240×200mm)、 320ページ
定 価:3,500円+税
配本日:2016年5月11日(水)

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店: http://bit.ly/24UmO8p 
楽天ブックス: http://bit.ly/1X5Q7P0 
ヨドバシ.com: http://bit.ly/23M8AQY 
Amazon: http://amzn.to/1ZLlVI9 

 

シェア / 保存先を選択