フレンドリーな猫たちに癒される、里親募集型の猫カフェをレポート『カフェブラン』(横浜市青葉区)

SPICER

これまで、動物園や水族館のレポートしてきた筆者が、猫カフェを体験するシリーズの第2弾です!今回訪問したのは、横浜市青葉区にある里親募集型の猫カフェ『カフェブラン』。里親を募集している保護猫たちと遊んだり、気に入った猫を家族として迎えることもできるという猫カフェです。

撫でてもらうのが大好きという甘えん坊のチョビ君

撫でてもらうのが大好きという甘えん坊のチョビ君

オーナーの岡本さんは、10年ほど前から動物愛護団体「ちばわん」で、ボランティアとして活動しており、動物愛護センターで保護された犬や猫の里親を探したり、里親が見つかるまでの一時預かりなどをしてきました。特に猫の場合は、子猫を希望する人が圧倒的に多く、成猫は新しい家族を見つけるのがとても難しいそうです。一般的な譲渡会では、ケージに入れた状態で見てもらうことしかできず、それぞれの個性などがうまく伝わりません。そこで岡本さんは、保護猫たちの生き生きとした姿を見てもらい、成猫の新しい家族との出会いの場になるようにと、2014年にこの里親募集型の猫カフェをオープンしました。

店内のレンタルスペース(右奥)で、雑貨やポストカードを販売することも可能です

店内のレンタルスペース(右奥)で、雑貨やポストカードを販売することも可能です

『カフェブラン』では、飲食スペースと猫のいる部屋がガラスで仕切られています。カフェのみの利用も可能ですし、猫部屋の利用(有料)のみでも可能です。猫を飼いたいと思っている人はもちろん、飼う予定がない人でも、10匹前後の猫キャストさんたちと楽しい時間を過ごせます。

里親になる前に、1ヶ月のトライアルがあります

里親になる前に、1ヶ月のトライアルがあります

一般的な猫カフェと違い、こちらの猫キャストたちはすべて保護猫なので、新しい家族が見つかれば卒業したり、新たに保護された猫が加わったりして、メンバーは固定ではありません。それぞれの性格については、「撫でてもらうのが大好きな甘えん坊」「おもちゃで遊ぶのが大好き」などと、お店のサイトや店内で紹介コメントを見ることができます。もちろん個体差はありますが、人に慣れている猫ちゃんが多く、「うちの猫より触らせてくれる!」と驚いているお客様もいました。

スリスリするのが大好きなジェラトーニ君

スリスリするのが大好きなジェラトーニ君

猫を飼う場合、爪を切らせてくれるかも重要なのだそうです。子猫のときから飼っていても、性格によっては爪を切らせてくれない猫もいます。こちらでは、「抱っこや爪切りもOK」などの説明もあるので、飼い主さんのライフスタイルや性格に合った猫ちゃんを選ぶことが可能です。

 
 

↑今回、私が一目惚れしたのは、ジェラトーニ君。イケメンですが、お腹はタプタプなところがキュートです。とても人に慣れていて、写真を撮ろうとすると近寄ってきてスリスリしてくるので、なかなか写真が撮れません。そこで、おもちゃを試してみたところ今回は、このジェラトーニ君と遊ぶことができました!

美しい富士額が自慢の富士子さん

美しい富士額が自慢の富士子さん

↑こちらのゴージャスな雰囲気の猫キャストは、富士子さん。猫部屋の中で、圧倒的な存在感を放っていました。富士子さんはチーママ修行中とのことで、現在、里親募集はしていません。

ワインやピザを楽しみながら、猫を観察することもできます

ワインやピザを楽しみながら、猫を観察することもできます

カフェスペースで、ガラス越しに猫たちを見るのも、ひと味違った楽しみ方。オーナーさんが紅茶好きということで、紅茶はFAUCHONやNINA'Sの茶葉が数種類用意されています。

オリジナルTシャツを購入すると保護猫の支援に役立ちます

オリジナルTシャツを購入すると保護猫の支援に役立ちます

『カフェブラン』では、様々なワークショップも開催されています。写真教室や手相占い、パラコードの犬用リード作り教室などが行われていますが、注目したいのが猫部屋でのマッサージ。猫部屋で行いますが、マッサージされるのは人間です。マッサージされていると、周りに猫ちゃんたちが集まってきて、お腹の上に乗ってくることもあるという、猫好きさんにとっては究極の癒し体験。ワークショップの情報は、随時お店のサイトで告知されるので、興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!

里親募集型猫カフェ「カフェブラン」
 住所:神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-40 白亜館2階
 営業時間:午前11時~午後8時 (L.O.午後7時半)
 定休日:月曜日・木曜日(その他、臨時休業する場合あり)
 公式サイト:http://www.neko-cafe.info
 
シェア / 保存先を選択