陣内孝則監督×『桐島、部活やめるってよ』脚本・喜安浩平氏でコメディ!映画『幸福のアリバイ~Picture~』公開決定

ニュース
2016.5.25

陣内孝則監督の映画『幸福のアリバイ~Picture~』の劇場公開が決定した。あわせて主要キャストなどの概要も公開されている。

陣内はザ・ロッカーズのボーカルとして注目を集め、石井岳龍(当時は聰亙)監督の映画『爆裂都市 BURST CITY』で初主演を飾って以来、俳優としても活躍してきた。そして、映画監督としても、自身のバンド活動を描いた『ロッカーズ』、アイスホッケーをテーマにした青春スポーツ映画『スマイル 聖夜の奇跡』の2作品でメガホンをとっている。今回公開される『幸福のアリバイ~Picture~』は、陣内監督の第3作目にあたる。

同作の脚本を手がけるのは、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した喜安浩平氏。日本人の人生における一大イベント葬式、結婚式、出産、成人式などの“冠婚葬祭” をテーマに、 観客一人一人の中に宿る「幸福のあり方/幸福のありか」を問うヒューマンコメディを作り上げたという。

出演者にも、陣内の俳優・監督としての活躍に相応しい、若手からベテランまで幅広いキャストが集結している。中井貴一、木村多江、柳葉敏郎といったシリアスからコミカル作品まで確かな演技力をみせる俳優陣のほか、大地康雄、佐藤二朗、山崎樹範といった個性豊かなバイプレイヤー、木南晴夏、浅利陽介、渡辺大、入山法子ら若手実力派も集結している。さらに、注目作品に立て続けに出演している清野菜名、柾木玲弥の存在も見逃せない。

また、公開決定を受けて陣内監督からのコメントも到着している。

■陣内孝則監督コメント
5年程前、喜安君という才能溢れる脚本家と知り合い、写真という形に残された「幸福のアリバイ」が巻き起こす喜劇と、指し示す幸せの在りかを映画にしたいと思いました。 大地さんの名演技、中井さんの大人の色気、柳葉さんの愛情、佐藤二朗君と山崎樹範君のユーモアとペーソス…。盟友の名演技に救われ、支えられ、魅せられる映画です!

陣内監督と脚本の喜安氏、そして、個性豊かな俳優陣がどんな物語を紡ぎだすのか気になるところだ。

映画『幸福のアリバイ~Picture~』は、2016年秋、全国ロードショー

作品情報
映画『幸福のアリバイ~Picture~』

出演:中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、木南晴夏、浅利陽介、渡辺 大、佐藤二朗、木村多江 ほか
監督:陣内孝則(『ロッカーズ』『スマイル 聖夜の奇跡』)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
制作:パイプライン
製作:テレビ朝日、KADOKAWAほか
配給:東映

【あらすじ】
ヤクザの葬式とは知らずに会をとりなす葬儀屋と、故人の残した遺書の内容で揉める親族・知人・息子。婚期を迎え、好条件の見合いに目がくらむ女と、運悪く浮気が発覚する男。成人式というハレの日に、スーツではなく特攻服で行こうとする息子と、それを必死に止める両親。出来ちゃった結婚をし、出産を控えた妻の元へ向かう夫と、あからさまに八つ当たりをする義父。ひとりの女性をめぐり、超一流のプロ野球選手に無謀な野球勝負を挑む、うだつのあがらないフリーター男。一種風変りな登場人物たちは、どこか共感できる悩みを抱いた普通の人々ばかり。

©2016「幸福のアリバイ~Picture~」製作委員会

公式サイト:koufuku-alibi.jp

 

シェア / 保存先を選択