都築響一が贈る「日本のエロ」の楽園、『神は局部に宿る』

ニュース
2016.5.29
 秘宝館 ©都築響一

秘宝館 ©都築響一

『「神は局部に宿る」都築響一 presents エロトピア・ジャパン展』が、6月11日から東京・渋谷のアツコバルー arts drinks talkで開催される。

1956年に東京に生まれた都築響一は、現代美術、建築、写真、デザインなどの分野で執筆、編集活動を続けている。昨年12月に著書『圏外編集者』を刊行したほか、2012年から個人で有料メールマガジン『ROADSIDERS' weekly』を発行している。

都築が贈る同展のテーマは「エロ」。風俗店の看板やラブホテル、秘宝館、コンビニの成人コーナーなど、日本に氾濫する性的イメージに着目した「エロの楽園」が展開されるという。

イベント情報

『「神は局部に宿る」都築響一 presents エロトピア・ジャパン展』

2016年6月11日(土)~7月31日(日)
会場:東京都 渋谷 アツコバルー arts drinks talk

時間:14:00~21:00(日曜と月曜は11:00~18:00)
休廊日:火曜
料金:1,000円

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択