『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート VIVA LA J-ROCK ANTHEMS

SPICER+
画像は後ほど追加予定です。しばらくお待ちください。

画像は後ほど追加予定です。しばらくお待ちください。

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE VIVA LA J-ROCK ANTHEMS

昨年に続き、VIVA LA ROCKにVIVA LA J-ROCK ANTHEMSが出現!日本のロックの名曲をカバーするビバラのスペシャル企画、今年のスペシャルバンドのメンバーは昨年に引き続きバンマスを務める亀田誠治、ギターの津野米咲(赤い公園)、ドラムのピエール中野(凛として時雨)に加え、新たにギターに加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)、キーボードに伊澤一葉(the HIATUS)を迎えた新布陣で、その時々に時代を彩り人々を魅了してきた名曲をフェスという場で再確認した。

最初のゲストヴォーカリストとして登場したのはBLUE ENCOUNTの田邊駿一で、曲はASIAN KUNG-FU GENERATIONの“リライト”。のっけから「ウォイ!ウォイ!」と盛り上げ、サビの「消してー!」を熱唱。歌い終わったあとは、「緊張で死にそうでした」と恐縮しきりの田邊だったが、「レーベルの大先輩の名を汚さぬように歌いました」とホッとした表情を浮かべていた。

続いては水曜日のカンパネラのコムアイが透明の球体に入って客席の上を転がりながら登場し、歌うはくるりの“ワンダーフォーゲル”。最初はフラフラでなかなか歌えなかったものの、オーディエンスに支えられて一番を歌い切ると、間奏で無事にステージに到達。最後は背中につけた大きな羽根を広げ、たくさんのスタッフが紙飛行機をフロアに投げ入れるというパフォーマンスを見せた。

クリープハイプの尾崎世界観は、「尾崎」つながりで尾崎豊の“I LOVE YOU”を披露。原曲とは異なるキーで、“I LOVE YOU”を完全に「世界観」節に染め上げ、熱のこもったヴォーカルでオーディエンスを魅了した。「解散コンサートみたいな気持ちになりました」「学生時代豊って呼ばれてた借りを返しました」と、しゃべりでも節が炸裂していたのは流石。

UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介が歌うのは、フジファブリックの“若者のすべて”。「もしこの曲を初めて聴く人がいたら、その人にもちゃんと伝わるように歌います」と原曲に対するリスペクトを込めた真摯な歌唱は曲のドラマ性をさらに引き立て、胸に迫るものがあった。

続いて登場したのはスガ シカオ。「一生に一回しか歌わないと思います」と言って始まったのは、宇多田ヒカルの“traveling”。ファンキーなアレンジが施された演奏がスガの声質ともかなりの相性を見せ、間奏では男女にハモりの指導をし、さらには上着を脱いでTシャツ姿になって盛り上げたりと、見事な千両役者っぷりを見せた。スガがステージから去ったあとの亀田の一言、「カラオケではしょっちゅう歌ってるそう」は笑った。

「最後、めちゃめちゃ盛り上がろうよ」と亀田に呼び込まれたのは10-FEETのTAKUMAで、なんとコムアイから受け取ったという羽根をつけて登場。「いつもより高く高く羽ばたける気がします。でも、曲が激しいので、普通のロックおじさんに戻ります」と羽根を置くと、歌い出したのはTHE BLUE HEARTSの“リンダリンダ”。ヒロトのようにジャンプをしたり、“TRAIN-TRAIN”を“リンダリンダ”の節で歌ったりとやりたい放題。最後はゲストボーカルとそのバンドメンバーの多くがステージ上に登場し、みんなのヒロトジャンプで大団円。うーん、最高。

途中のMCで加藤隆志は、「これはもう風物詩だから、来年は浮雲くん(昨年ギタリストを務めた長岡亮介のこと)と3人でギターをやろう」と言っていた。そう、まさにVIVA LA J-ROCK ANTHEMSはVIVA LA ROCKの風物詩として、これから定着していくに違いない。


レポート・文=金子厚武

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE VIVA LA J-ROCK ANTHEMS

1. リライト(BLUE ENCOUNT・田邊駿一)
2. ワンダーフォーゲル(水曜日のカンパネラ・コムアイ)
3. I LOVE YOU(クリープハイプ・尾崎世界観)
4. 若者のすべて(UNISON SQUARE GARDEN・斎藤宏介)
5. traveling(スガ シカオ)
6. リンダリンダ(10-FEET・TAKUMA)

 

シェア / 保存先を選択