デコトラ×演劇?! やなぎみわステージトレーラープロジェクト『日輪の翼』公開リハーサルレポート

SPICER
ステージトレーラー 画像提供:Miwa Yanagi STP

ステージトレーラー 画像提供:Miwa Yanagi STP

画像を全て表示(9件)

皆さんは、ヨコハマトリエンナーレをご存知でしょうか? 数ヶ月にわたり横浜美術館や新港ピアをはじめとする各スポットで、国内外のアーティストによる様々なアート作品に触れられる芸術の祭典です。最近では2017年に開催されることに加え、スプツニ子!さんなどのディレクター陣が発表され、さらに大きな注目を浴びています。 

2014年に開催された横浜トリエンナーレでは『華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある』という展覧会タイトルのもと、民族間において生じる争いといった避けては通れない国際的テーマを背景に、会場を訪れた鑑賞者に対して未来についての問題定義を投げかけてくれたとともに、数多くの表現アプローチから芸術の良心や未知なる芸術に触れることができました。 

その出展作品の一つにやなぎみわさんの移動舞台車(ステージトレーラー)『花鳥虹(カチョウコウ)』があります。台湾で独自の発展をとげた移動舞台車はタイワニーズ・キャバレーとも呼ばれ、荷台の背が大きくもちあがり鮮やかに光り輝く舞台が出現する仕様になっています。 そんなステージトレーラーに魅せられて舞台車での演劇公演を企てた彼女は、自らがデザインするだけでなく、日本での走行のために改良し、舞台公演のために試行錯誤しました。 

そして、KAAT神奈川芸術劇場とともにトレーラーを舞台に中上健次さんの『日輪の翼』に描かれるオバたちの聖地巡礼に重ね、中上ゆかりの熊野の新宮をはじめ横浜を起点に各地を巡りながら上演される前代未聞の演劇プロジェクトを立ち上げました。

今回、5月28日に開催された『日輪の翼』の公開リハーサルの模様をレポートします。 


現在、ステージトレーラーは大阪にある造船場の倉庫に格納されており、KAATのスタッフがスチールデッキで組んだ本番を想定したステージで稽古をしています。 ステージの上にはバンドが使用するギターアンプやドラムセットなどが組まれています。 

そして、演出家・現代美術作家のやなぎみわさんからリハーサルが始まる前に、「KAATでリハーサルがはじまった時には涙が出るほど嬉しかった。」など現在に至るまでの紆余曲折した経緯や作品についてのあらすじを簡単に説明していただきました。

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 やなぎみわさん ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 やなぎみわさん ©girls Artalk

ストーリーは1場から9場まである壮大な物語。今回のリハーサルでは1、4、5場を披露してくれました。 
オバたちがカラスやフクロウといった鳥の鳴声を真似する”鳥鳴き”のシーンでは、会場から大きな拍手がおきたり、”鳥鳴き”に参加する観客の姿も見られました。

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 オバたち ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 オバたち ©girls Artalk

例えば、聖地を訪れた際に箒を持って掃除をするオバたちの姿…こちらは聖地に対して”掃き清める”という意が込められているなど、所々やなぎさんが細かい解説を入れてくださったおかげで、その動作や所作が意味していることが深く理解できました。

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

そして、オバたちと若い衆が伊勢から一宮に移動する際には、その中にいる一人のオバが抱えていた過去から、若年層が知らない日本の重い歴史が紐解かれるなど…今日までの国の成り立ちについて深く考えさせられました。 

時折、やなぎさんは稽古を中断して…オバたちの演技に対して時代や場面背景の説明からセリフのニュアンスについて指導する場面がありました。 

また、バンドによる激しい演奏と俳優によるヴォーカルとがマッチしたライブも見どころの一つです。
その他にもこちらの場面ではポールダンサーによる妖艶なダンスやロープを使い天空を舞うサーカスパフォーマンス、そして美しく躍動的に踊る俳優陣の姿など…そのすべてに目を奪われてしまいます。

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

『日輪の翼』公開リハーサルの様子 ©girls Artalk

リハーサルが終了すると6月24日、25日、26日に赤レンガ倉庫でおこなわれる公演だけでなく、さらには和歌山、香川、大阪のツアー公演に向けて熱い意気込みを話してくれました。 

やなぎさんは“ロードムービー”ならぬ”ロード舞台”だということに加え、公演を巡業をすることでその土地を活性化する意図があるそうです。 

新内などジャンルも出自も多彩な出演者たちが様々な趣向を凝らし、やなぎさんによる独創的な中上健次さんの世界を織りなしていきます。 

前代未聞である「デコトラ演劇」の証人として、横浜赤レンガ倉庫の野外公演を鑑賞しに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

パラソフィア京都国際現代芸術祭における二条城でのイベント風景 2015 年3 月6 日 撮影:表恒匡

パラソフィア京都国際現代芸術祭における二条城でのイベント風景 2015 年3 月6 日 撮影:表恒匡


 

文・撮影=新麻記子 

 

イベント情報
やなぎみわステージトレーラープロジェクト『日輪の翼』

日時:6月24日(金) 18:30 、6月25日(土) 18:30 、6月26日(日) 18:30
会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(野外公演) 
出演者:重森 三果 (和楽アーティスト) 、SYNDI ONDA (歌手)、ななな (クラウン) 、檜山 ゆうこ (ボイス・パフォーマー) 、南谷 朝子(俳優)、石蹴 鐘 (サーカス・パフォーマー) 、上川路 啓志 (俳優)、辻本 佳 (ダンサー) 、西山 宏幸 (俳優) 、村岡 哲至 (俳優) 、サカトモコ (サーカス・パフォーマー) 、藤井 咲有里 (俳優)、 MECAV (ポールダンサー) 

シェア / 保存先を選択