【訃報】俳優の加藤武さん死去

「珍芸すててこ」公演チラシより(SPICE編集部責任による掲載)

「珍芸すててこ」公演チラシより(SPICE編集部責任による掲載)

【訃報】俳優の加藤武さん死去

文学座の劇団代表で俳優の加藤武(かとう・たけし)さんが7月31日、死去した。享年86歳。葬儀は親族のみで執り行い、後日お別れの会が開かれる予定。なお、加藤さんが出演予定だった可児市文化創造センターと文学座の共同制作公演『すててこてこてこ』は、配役を変更して上演される(詳細は決定次第サイトで発表)。

加藤さんは1929年、東京都生まれ。早稲田大学時代に演劇活動を始め、卒業後、1952年に文学座研究所へ入所。初舞台は『狐憑』(文学座アトリエ公演)で、59年に座員となった。74年に一度退座し芸能座へ移ったが、80年には復座。『美しきものの伝説』『怪談 牡丹燈籠』『ふるあめりかに袖はぬらさじ』『殿様と私』など数々の作品に出演した。またテレビや映画でも活躍し、金田一耕助シリーズの市川崑や黒澤明、今村昌平ら名監督の作品に起用された。

2014年には文学座公演『夏の盛りの蟬のように』の葛飾北斎役で、紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。

報道によると、7月31日の夕刻、スポーツジムのサウナで倒れ、その後、病院へ搬送されたという。7月19日に東京都内で行われた語りの舞台が最後の出演となった。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択