夏代孝明×Eve 初のツーマンライヴを目前に、二人の出会いから現在を語る

インタビュー
2016.6.16
夏代孝明・Eve

夏代孝明・Eve

画像を全て表示(2件)

ニコニコ動画の“歌ってみた”カテゴリで注目を浴び、今では歌い手という枠を越えて活躍している、夏代孝明とEve。
出会って4年が経過したものの、二人でライヴは一度もしたことがないと言う。そんな彼らが今回ようやくツーマンライヴ『なついぶ! ~rainy~』を開催するとのことで、対談インタビューを実施。気になる出会いから、4年を経て変化したこと、そして今週末に控えるライヴについて。時に真剣に、時に懐かしみながら、和気藹々とした雰囲気で話してくれた。

――今回お二人で初のツーマンライヴ『なついぶ! ~rainy~』を開催するとのことで。このタイミングでライヴをやろうと思ったきっかけって何だったんですか?

Eve:ただ単に、今までやってきてなかったからなんです(笑)。出会って今年で4年目になるのですが、ボーカルグループ・Riot of Colorのライヴで共演したり、お互いのワンマンライヴにゲストとして出演することはあったとしても、ツーマンライヴはやったことなかったんですよ。

夏代孝明(以下、夏代):きっかけというよりは、「まだやってなかったね……やらないと」という流れです(笑)。

Eve:ツーマンやりたいねっていう話はもともとしていたので、実行したのがたまたまこのタイミングだったという感じですね。

――お二人が出会ったのが4年前とのことですが、当時のことって覚えてます?

Eve:覚えてます(笑)。ツイッターで知り合ったんですけど、そこから夏代くんが歌っている曲を聴いて“いいなぁ”と思って。(ツイッターの)DMで「曲すごくいいですね」「ありがとうございます」っていうようなやりとりしていて……その時はまだ敬語ですよ(笑)。お互い住んでるところが関西で、家がわりと近いことが判明して。それで、お互い学生で暇だったので、会うことになり、そこから日が沈むくらいまで話してました。

夏代:プラスの事だけでは無く、当時悩んでいたマイナスな面も含めて二人の考え方がすごくマッチしていて。そこで会話が弾んで、初対面とは思えないくらいめっちゃ話して……じゃあ、外も暗いし帰ろうかって(笑)。

Eve:そこからよく遊ぶようになって、今に至ります。

夏代:俺、その時ロックマンみたいなパーカー着てなかった?

Eve:着てた。水色とオレンジのブロックで構成されているような(笑)。さらに面白いのが、もこもこで厚手なんですけど、足元はサンダルだったんです(一同笑)。その時はさすがに、サンダルやパーカーに関してもつっこめなくて……。

――インパクトのある出会いですね(笑)。当時から比べて、自分たちが成長したところや変化した部分はありますか?

Eve:当時はCDを “いいな” “あまり好きじゃないな”っていう視点で聴くことが多かったのですが、今はボーカルを意識するようになりました。ニコ動を始めて、音楽仲間が増えて、周りの人から色々影響を受けてっていうのはすごくありましたね。僕はもともと、“昔から音楽をやってきた” “ずっとピアノをやってた”っていうわけじゃなくて。歌に関してはゼロからのスタートだったんです。そういう意味では、夏代くんと出会う前からの話にもなりますが、成長出来たんじゃないかなって思います。

夏代:特に歌い回しに関しては、自分自身の個性と解釈するのか、または“行き過ぎた癖”と捉えるか。常に判断しながら取り組むようになりました。そういう意味では、僕も少しづつ変わってきているんじゃないかと思います。

Eve:自分の歌とか、夏代くんの歌を聴いて思うんだけど、4年前とは歌い回しが変わってるもんね。

夏代:確かに、変わってるね。昔の音源を聴くと、“それはちょっと”って思うこと結構あるかも(笑)。そういうところで成長を感じるんだと思います。

――それは意識的に変えてるんですか?

Eve:僕は練習の中で変化して来たと思います。4年経って今、過去の歌を聴くと“あぁ~しつこい! ネチネチしてて嫌だ”って思ったり(笑)。

夏代:でも、昔の音源聴いて“やるやん!”って思うことない?

Eve:僕はない(笑)。

夏代:うそ!? 俺たまにあるよ(笑)。歌っていく上で、自分の中で取捨選択を積み重ねて、その捨ててきたものが昔の音源に詰まってて。それを改めて確認してみると、今なら使ってみてもいいかもっていう発見があって、そういうのを拾い集めていけたりするので、昔の音源は定期的に聴いています。

Eve:夏代くんが荒々しく歌ってた昔の音源結構好きだな~。

夏代:ありがとう(笑)。

――初のツーマンライヴとはいえ、出会いから現在に至るまでの4年間の思いが詰まったライヴになりそうですね。

Eve:そうですね。最近は、ライヴイベントに呼んで頂いて、ゲストとして出演させてもらうことが多かったんです。でも、今回はツーマンという事でお互いの持ち曲数の多さもさることながら、ライヴ構成も二人で相談して決めてきたので、リハをやった段階で、楽しいライヴになるなっていう確信があり、すごくわくわくしています。

――セトリを見させてもらったんですけど、それぞれの色が濃くでてますよね。曲名を見て、“これはEveさんが歌うんだろうなぁ”“こっちは夏代さんかな”って思いました。

夏代:本当ですか! 昔より自分たちの方向性が定まっているからかな?

Eve:そうかも。

夏代:昔は二人とも“いろんな曲が好き”っていう部分があったんです。意外性という意味では、面白さもあったと思います。でも最近は、お互いにオリジナル曲を制作し始めている中で、好きな音楽、やりたい音楽の志向が固まってて。いずれはオリジナル楽曲でツーマンというのも楽しみだなって、実はリハをやっていて思いました。Eveくんが作る曲は、今までの彼の趣向やルーツが詰め込まれつつも昇華されているような印象で、歌が完全にEveくんの色になっていて。俺は俺で、自分なりの制作に取り組んでいるし、オリジナル曲が増えてからも(ツーマンライヴを)やりたいね……まだライヴ終わってないけど(一同笑)。

Eve:今週末だからね(笑)。

夏代:あと、リハで事前に想定したセトリを実際に通してやってみると、さらにライヴの底上げに繋がるような構成アイデアを発見できたりして、より本番に向けてライヴのイメージを固めることができました。何よりモチベーションがすごく上がっています。リハーサルで歌っていると、事前のイマジネーションだけではハッキリしなかった、歌やパフォーマンスの表現がEveくんやバンドのみなさんとシュミレーションを追及することで、すごく明確になりました。

Eve:ライヴを始めたばかりの頃は、照明の流れやMCのタイミングも含めて、分からないことだらけだったんです。経験を積んで、最近はようやくお客さんに楽しんで頂くために総合的なライヴ企画を意識しています。それは、僕にとっても楽しみなことが増えましたね。

――多くのライヴに出たり、ワンマンライヴをやってきたからこそ身についたことなんでしょうね。今回のライヴで、お客さんに“ここは是非注目してほしい”っていうポイントはありますか?

Eve:今回は演出ですね! ライヴ全体を通しての演出が今までの僕たちとは全然違うものになってると思うので、ここは楽しみにしていて欲しいです。

夏代:初めての挑戦になるので、「ちょっともう1回! もう1回やっていい?」ってなりそうではありますけど(笑)。

Eve:ね(笑)。僕らも今からワクワクしてるけど、客席側からの視点を本番中は体感出来ないじゃないですか。だから何とも言えないんですけど(笑)お客さんが楽しめることは間違いないと思います。

夏代:ツーマンを計画してから、いろいろと話していくうちにこだわりたいものが増えていって、今回そのほとんどが叶ったんです。……残念ながら突然宙に浮いたりはしないんですけど。

――客席の上を飛んだり。

Eve:吊るされたり。

夏代:そういうのはない(笑)。

Eve:詳しく言えないのがもどかしい……。

夏代:これだけは言えへんからな。

――これは期待してしまいますね。あと、今回グッズもすごくオシャレで可愛いじゃないですか。

Eve:ありがとうございます! 今回は、Tシャツとタオルとリストバンドがあります。

――グッズに関しては、お二人で話し合って決めたんですか?

Eve:いや、全部僕に任せてくれたんですよ(笑)。

夏代:任せてくれたというか、もう「お願いします!」って(笑)。

Eve:基本的には、僕が作りたいなって思ったものを作って、最終的に確認してもらいました。夏代くんは「いいじゃん!」って……(笑)。

夏代:いや、本当によかったよ(笑)。(頭を下げながら)お疲れ様でした。

――ファンの皆さんも気になるところではあると思うんですけど、今後このツーマン以外に“なついぶ”で活動していこうっていう考えはあるんですか?

夏代:地方とか、訪れたことのない地域も回りたいなと思います。今の形で追加してどこかでやるのか、お互いの節目のタイミングでオリジナル曲を交えやっていくのか、形はまだ分からないんですけど。

Eve:形は変わるのかもね。地方は回りたいな。

夏代:地方ごとにお客さんの色も違うし。昔、大阪でめっちゃライヴしてたよね?

Eve:やってた。今年1回も大阪でやってない……。

夏代:それはね、ダメだよ!(笑)

Eve:今チャージ中なので、大阪のみなさん待っててください(笑)。

――では最後に、SPICE読者の皆さんへメッセージをお願いします。

Eve:今回ライヴに来られる方は、僕らの歌のみならず、演出や構成含めて一つの良い思い出として持ち帰ってもらえたらなと思います。ツーマンは初めてなので、昔から聴いてくれてる皆さんも最近聴き始めた方々にも、僕たちの成長した姿を見てもらえたらと思います。

夏代:あと、そろそろ二人で動画も投稿したいなと思っているので、そちらも楽しみに待っていてください!


インタビュー・文=柴山恵美

夏代孝明×Eve サイン色紙プレゼント企画

応募方法は、SPICE【音楽】のアカウントをフォローの上、下記ツイートをRTするだけ!

https://twitter.com/spice_mu/status/743390137279619072
当選者の発表はご本人へのDMでの連絡とかえさせていただきます。応募期間は2016年7月15日(金)まで!
シェア / 保存先を選択