水上真理がライフスタイルをコラムする「Make smile」vol.2

SPICER

画像を全て表示(11件)

こんにちは(*^^*)今日はどんな笑顔に出逢いましたか?

お母さんと手を繋いで嬉しそうに歩いている男の子。ももいろのワンピースを着て電車ではしゃいでいる女の子。携帯電話を見ながらうれしそうに歩いている男性。カフェで楽しそうに会話している女性達。ゆっくりと歩幅を合わせ、景色を見ながらお散歩しているお爺さん、お婆さん。目線を上げて歩くと、たくさんの笑顔に出逢えます。

さて今回のテーマは「食」。毎日している「あたりまえ」に注目してみたいと思います。

「ミルクティ」

私はミルクティが大好きです。毎日必ずゆっくり飲める時間を作ります。
子供の頃、目が覚めるとトーストの香ばしい香りとコーヒーの香り。そして母が入れてくれるミルクティ。これが私の朝のはじまりでした。あの頃はそれは特別なことではなく、あたりまえな毎日でした。一人暮らしをはじめて気づいたのです。毎朝の「おはよう」の大切さ。目が覚めると用意されている朝食のありがたさ。そこには母の愛情が詰まっていました。その愛情を思い出せるから、私はミルクティが特別好きなのかもしれません。忙しい毎日でも5分間の安らぎ。その時間が笑顔にしてくれるのです。

 

あなたの中にある「あたりまえ」に目を向けてみてください。そして感謝してみてほしい。そこには明日には「特別」になってしまう大切なものがあるかもしれません。毎日ごはんをつくってくれるお母さんに。おいしいごはんを家族が食べれるように働くお父さんに。残さずごはんを食べてくれる子供たちに。家族には照れくさくてなかなか言えない言葉「ありがとう」今日伝えてみてください。家族だけではありません。一緒に食事する時間を過ごしてくれる友に、同僚に、先輩に、同じ時間を共有してる人達に伝えてみてください。大切な人の笑顔に会えるかもしれません。

 

「お蕎麦」

私は子供の頃、お蕎麦の美味しさがわかりませんでした。ワサビもネギも好きではなかったので、薬味の良さもわかりませんでした。大人に「いつかわかる日が来るよ」と言われると、子供扱いされている気がして、むすっとしたものです。

だけど今、お蕎麦が大好きです。薬味もたっぷり入れます。不思議ですね。大人の言う通りでした。「味覚」が変わっていくことは大人にならないとわかりません。それと同じように、年を重ねないとわからないこともたくさんあるのかもしれません。叱っていただいた時、すぐには納得できないかもしれません。そんなときは大人になって好きになったものを思い出して、笑顔で「ありがとうございます。」と伝えることができたらいいなと思うのです。
叱られたことを理解できるのは、もしかしたら何年も先かもしれません。その時に伝えられない相手かもしれない。「ありがとう」と言うことで相手の怒り顔ではなく、笑顔がみれるかもしれません。叱っていただけることはあたりまえではなく、そこには今は見えない愛情があるかもしれません。

なんて、「わかってる」んです。わかってるけどできないんです。私もそうです。「できたらいいのに」ばかりです。だから少しずつ。気付いた時から少しずつ。明日を変えれるのは今の自分だけだと思うから。

6月。梅雨の季節ですね。じめじめする毎日に少し気が重くなる方もいるのではないでしょうか?傘を持つと荷物が増え、足元は濡れ、髪はバサバサ。私も雨はあまり好きではありません。でも雨がなければ、作物は育ちません。おいしい食事ができるのも雨のおかげです。

そんな風に考えて梅雨の季節にしかみれない「紫陽花」の美しさを感じてみる。憂鬱でも雨は降る。微笑んでも雨は降る。同じ時間なら微笑んで過ごせたら素敵ですね。

そして梅雨間の晴れた日。なんとも爽快な気分になる。傘を持たなくていい。お気に入りの靴で出かけてもいい。溜まった洗濯物だって干せる。梅雨ではない時期ならそんなに気づかない幸せではないでしょうか。普段忘れがちな幸せをいっぱい感じて過ごす。「あたりまえ」に感謝して過ごしていけたら素敵ですね。

 
 
イベント情報
イベント名を入力

 日時:7/10
「Be attractive vol. 3」
16:30 OPEN 
17:30 START
 会場:渋谷HOME
http://www.toos.co.jp/home/
 出演者:(出演者)
水上真理
フウセンカヅラ
常盤侑希
関根奈緒

 
シェア / 保存先を選択