野田×井上「フィガロ」、追加公演決定!

SPICER

野田版「フィガロ」を楽しむラストチャンス到来!

指揮、総監督に井上道義、演出を野田秀樹が手がけるモーツァルトの傑作オペラ「フィガロの結婚」は、5月の金沢公演を皮切りに全国で上演されている。野田による幕末の長崎に舞台を設定した読み換え演出に加えて随所に施された仕掛けに、井上率いる歌唱キャストの熟成にと、期待を裏切らないアイディアが随所に光る舞台は話題を、そして熱い議論を呼んでいる。

ツアーの最終公演となる東京芸術劇場での公演はこの顔合わせである以上当然、早々にチケット完売。あとは当日券のありやなしや、正直厳しいかな、と思っていたファンも多いことと思う。しかし朗報である、10月22日(木)に追加公演が決定したのだ。会場は同じく東京芸術劇場、チケットの発売は8月25日(火)と昨日発表された。皆さま、これがラスト・チャンスとお考えいただきたい。努々お忘れなきよう。
 

イベント情報
東京芸術劇場シアターオペラvol.9 モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~ 新演出(追加公演)

日時:2015年10月22日(木) 18:30開演
会場:東京芸術劇場 コンサートホール

【指揮・総監督】井上道義 
【演出】野田秀樹 

【出演】 
アルマヴィーヴァ伯爵:ナターレ・デ・カロリス 
伯爵夫人:テオドラ・ゲオルギュー 
スザ女(スザンナ):小林沙羅 
フィガ郎(フィガロ):大山大輔 
ケルビーノ:マルテン・エンゲルチェズ 
マルチェ里奈(マルチェリーナ):森山京子 
バルト郎(ドン・バルトロ):妻屋秀和 
走り男(バジリオ):牧川修一 
狂っちゃ男(クルツィオ):三浦大喜 
バルバ里奈(バルバリーナ):コロン・えりか 
庭師アントニ男(アントニオ):廣川三憲 

合唱:新国立劇場合唱団 
声楽アンサンブル:佐藤泰子、宮田早苗、西本会里、増田 弓、新後閑 大介、平本英一、千葉裕一、東 玄彦 
演劇アンサンブル:川原田樹、菊沢将憲、近藤彩香、佐々木富貴子、佐藤悠玄、長尾純子、永田恵実、野口卓磨 
管弦楽:読売日本交響楽団 
チェンバロ、コレペティトゥール:服部容子

https://www.geigeki.jp/performance/concert054/
シェア / 保存先を選択