後期展スタート!幕末明治のスター絵師「画鬼・暁斎—KYOSAI」展

SPICER
河鍋暁斎 《惺々狂斎画帖(三)》(20図のうち) 明治3(1870)年以前 個人蔵 ※後期のみ展示

河鍋暁斎 《惺々狂斎画帖(三)》(20図のうち) 明治3(1870)年以前 個人蔵 ※後期のみ展示

画像を全て表示(7件)

 

2015年6月27日(土)~9月6日(日)の期間、三菱一号館美術館にて「画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展が開催されている。

8月2日(日)に前期が終了し、8月4日(火)より後期に入った。


河鍋暁斎(かわなべ きょうさい、1831-1889)は、幕末に生まれ、6歳で浮世絵師歌川国芳に入門、9歳で狩野 派に転じてその正統的な修業を終え、幕末明治に「画鬼」と称され、絶大な人気を博した絵師である。

一方、三菱一 号館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852 -1920)は、政府に招かれ明治10(1877)年 に来日、日本の近代建築に多大な功績を残した。彼は日本美術愛好家でもあり、暁斎に弟子入りして絵を学び、師の作品を海外に紹介した。

本展では、三菱一号館美術館開館5周年を記念し、コンドルの業績とともに、彼の敬愛する暁斎の厳粛さからユーモアまでただよわせる型破りな画業を、様々なジャンルにわたる国内外の名品約120点によって観ることができる。


後期展では巨大な猫の出現に驚く戯画《惺々狂斎画帖(三)》やコンドルが絵を描く暁斎の姿を描いた《 Kyosai sensei, at Nikko.Augst 5th 》や天狗が舞う《新板かげづくし天狗の踊り》などが展示される。


暁斎の多彩な作品はもちろん、暁斎とコンドルの師弟愛を観て、感じてみてはいかがだろうか。

 

イベント情報
画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル

会期:2015年6月27日(土)~9月6日(日)*展示替えあり
   前期:8月2日(日)まで/後期:8月4日(火)から
開館時間:開館時間:10:00~18:00
     (金曜と展覧会会期最終週平日は20:00まで)
     ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜休館(但し、7月20日と8月31日は開館)

シェア / 保存先を選択