ストリートファイターV×May'n アジアから世界に向けた強力タッグ結成 ゼネラルストーリーのアジア版イメージソングを担当

ニュース
動画
2016.7.12
May'n

May'n

画像を全て表示(2件)

歌手May’nが歌唱する新曲「Destiny」が人気対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』 (以下ストV)ゼネラルストーリーのアジア版イメージソングとして採用されることがわかった。

ストリートファイターシリーズ初の本格的なストーリーモードであるゼネラルストーリーは、Playstation(R)4を中心に、ダウンロードコンテンツとして2016年7月1日より提供が開始されている。全世界を視野に入れたストVゼネラルストーリーに合わせ「Destiny」は全編英語での歌唱となっている。


カプコン『ストリートファイター』シリーズは、全世界シリーズ累計3,800万本(2016年6月30日時点)を売り上げた対戦格闘ゲームの代表作の一つであり、全世界中から熱狂的な支持を得ているゲームである。歴史あるゲームシリーズのゼネラルストーリーのイメージソングを、カプコンサイドからの熱烈なオファーをMay'nが受け、今回のコラボレーションが決まった形だ。

カプコンの綾野アシスタントプロデューサーは「ストVゼネラルストーリーのイメージソングをMay’nさんに歌っていただくこと、非常に光栄です。世界中を飛び回り人々に感動を伝える姿はストリートファイターといっても過言ではありません!May’nさんの歌にのせてストリートファイターVと、新しい試みであるゼネラルストーリーをアジアのみなさんへお届けできて嬉しく思います。」と語る。

今回のオファーを受け、May'nは「世界中のストリートファイターファンに最新作も楽しんでいただけるように全英語詞で歌わせていただきました。必死で相手を、己を超え続けたいという内側から燃え上がる想いが音楽でも届けられたら嬉しいです。」と熱い想いをよせた。

ストリートファイターV ゼネラルストーリーのプロモーションビデオは、youtubeにて7月12日より視聴が可能となっている。

 

シェア / 保存先を選択