whiteeeen「キセキ~未来へ~」のMVを『青空エール』原作者が絶賛 「サビの盛り上がりで泣きました」

SPICER
 ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

画像を全て表示(7件)

8月17日に発売されるwhiteeeenのニュ-シングル「キセキ~未来へ~」のミュージックビデオが完成した。

「キセキ~未来へ~」は、GReeeeNの大ヒット曲「キセキ」のカバー楽曲で、土屋太鳳と竹内涼真が共演した映画『青空エール』の主題歌でもある。完成したMVは、土屋と竹内の共演シーンをはじめ、8月20日の映画公開に先駆けた初出し映像をふんだんに使用した、感動を誘うMVとなっている。

 

 

今回の主題歌起用は、映画制作サイドからの強い要望により実現。「人に力を与えられる」という作品テーマに適う応援ソングとしてGreeeeNの「キセキ」が選ばれた。さらに、ヒロインの気持ちに寄り添うため女性ボーカルユニットであるwhiteeeenに白羽の矢がたったのである。

『青空エール』の原作者・河原和音氏は、同MVについて以下のように絶賛のコメントを寄せている。

■河原和音氏コメント
『青空エール』を描いている間、ずっと聴いていた曲なので、主題歌になって嬉しいです。きれいな声で爽やか切ない気持ちになります。whiteeeenさんの「キセキ~未来へ~」とともに場面映像が流れるMV映画ver.は本当によかったです。サビの盛り上がりで泣きました。

whiteeeenは映画『ストロボ・エッジ』の主題歌「愛唄~since2007~」で、2015年にデビュー。同曲はiTunes・レコチョクほか、計8つの配信サイトでチャート1位を記録した。2016年2月には第30回日本ゴールドディスク大賞のベスト5ニュー・アーティストを受賞するなど、全員10代にもかかわらず輝かしい記録を残している。

 

 

リリース情報
whiteeeen ニューシングル「キセキ~未来へ~」
 

 

8月17日発売
価格:1,180円(税込)
品番:UPCH-5883
<CD収録曲>
1. キセキ~未来へ~ ※映画『青空エール』主題歌
2. メロディー ※映画『青空エール』挿入歌

配信情報
・着うた配信中
・iTunes、レコチョク他フルVer. 8月10日配信スタート

 

作品情報

『青空エール』

8月20日(土)全国東宝系公開
 
©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社


【キャスト】
土屋太鳳 竹内涼真 葉山奨之 堀井新太 小島藤子 松井愛莉 平 祐奈 山田裕貴
/志田未来/上野樹里 ほか
 
【スタッフ】
原作:河原和音「青空エール」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:三木孝浩(みきたかひろ)
脚本:持地佑季子
(C)2016 映画「青空エール」製作委員会
(C)河原和音/集英社
公式サイト:http://www.aozorayell-movie.jp/
 
【ストーリー】
ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学する。だが、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになる。そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を、吹奏楽部が応援することに。ところが途中出場した大介のミスで惜しくも敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは一人でトランペットを吹いてしまう。謹慎処分となったつばさを心配して訪ねて来た大介。ふくらむ気持ちを抑えきれずに、つばさは大介に「好きっていったら困る?」と告白してしまう。つばさと大介の恋の行方は?そして、ふたりの夢のたどりつく先は?

 

シェア / 保存先を選択