小宮有紗が「普段の私のせっかちさが出ないよう」心がけた理由とは? 映画『夢二~愛のとばしり』初日舞台あいさつ

レポート
2016.7.30
左から、mayo(岡本真夜)、小宮有紗、駿河太郎、黒谷友香、宮野ケイジ監督 撮影=石井隼人

左から、mayo(岡本真夜)、小宮有紗、駿河太郎、黒谷友香、宮野ケイジ監督 撮影=石井隼人

画像を全て表示(7件)

映画『夢二~愛のとばしり』の初日舞台挨拶が7月30日に都内で行われ、主演の駿河太郎、共演の小宮有紗、黒谷友香、主題歌担当のmayo(岡本真夜)、そして宮野ケイジ監督が登壇した。

小宮有紗 撮影=石井隼人

小宮有紗 撮影=石井隼人

同作は、日本画家・竹久夢二のこれまで描かれる事のなかった真の姿と、普遍的な男女の欲望と苦悩に迫る物語。アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優などでも知られる小宮は、夢二の愛人・彦乃役を演じている。イベントに登場した小宮は「純粋で心が真っ白で透明な女性なので、その透明感をどうやって出そうかと思ったけれど、駿河さんや監督に助けてもらってなんとかやり切った」とスタッフ・キャストに感謝しきり。駿河との激しいラブシーンにも挑戦したが「夢二と出会ってから大人の女性に変わっていくように意識しました。彦乃は母性のある心の大きな女性なので、普段の私のせっかちさが出ないように心がけました」と照れつつ明かしていた。

小宮有紗 撮影=石井隼人

小宮有紗 撮影=石井隼人

この日は劇中衣裳の着物を身にまとった小宮。「劇中で着た衣裳のどれもがカラフルで可愛らしい。今はレトロな洋服も流行っているけれど、当時のスカーフやブラウスは今でも着られそう。オシャレって回ってくるんだなぁと思いました」と大正ロマンファッションに感心。駿河は「回ってくるよね」と同調するも、身振り手振りを交えてコメントする小宮の手が肩に当たり「そういう所も彦乃」と小宮の無邪気さに目を細めていた。

駿河太郎 撮影=石井隼人

駿河太郎 撮影=石井隼人

映画初主演の駿河は「夢二はモテる男というか、女性が放っておけない何かを醸し出している人。そんな人物像を僕に求める監督は、類まれなる精神力の持ち主」と笑わせるも、「共感する部分は?」と聞かれると「ここでは共感するとは絶対に言えないでしょ」と既婚者ゆえに絶句。そこに妻・たまき役の黒谷が「孤高過ぎて理解できない姿なので、それは夢二にしかわからないでしょうね」とすかさずフォローを入れ、“夫婦”ぶりを見せつけた。

黒谷友香 撮影=石井隼人

黒谷友香 撮影=石井隼人

しかし夫婦といえども、劇中では愛憎まみれの設定。黒谷は「最初から距離が近くない独特な夫婦像なので、現場で駿河さんと喋りたかったけれどシリアスなシーンが多かったので、残念でした」と回想すると、駿河も「ご挨拶程度しか喋っていない」とその様子を紹介。それでも「根が関西人だから黒谷さんはホンマは喋りはる方だけれど、役そのままでいてくれた。それが僕にはありがたかった」と思いやっていた。

黒谷友香 撮影=石井隼人

黒谷友香 撮影=石井隼人



 

映画『夢二~愛のとばしり』は公開中。
 

作品情報

映画『夢二~愛のとばしり』
 

  Ⓒ2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

Ⓒ2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会


(2015/日本/104分 /5.1ch/シネスコ/カラー/デジタル)
出演:駿河太郎 小宮有紗 加藤 雅也/黒谷友香 ほか
監督・脚本:宮野ケイジ/原作:野村桔梗『竹久夢二のすべて』(駒草出版)
プロデューサー:関 顕嗣
模写絵・美術協力:小野日佐子
メインテーマ曲:mayo「always love you」(ドリーミュージック)
配給:ストームピクチャーズ
協力:ベストブレーン
公式サイト:yumeji-ai.jp
  Ⓒ2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

 

シェア / 保存先を選択