月刊「根本宗子」が2種類の新ビジュアルを公開

ニュース
2016.8.1
月刊「根本宗子」

月刊「根本宗子」

月刊「根本宗子」【浅野いにお】描き下ろし

月刊「根本宗子」【浅野いにお】描き下ろし


根本宗子がプロデュース(脚本・演出・出演も)する月刊「根本宗子」(最近、ネモシューと略されることが多い)が、第13号の公演として『夢と希望の先』を、2016年9月28日(水)から10月2日(日)まで、東京・本多劇場で上演する。月刊「根本宗子」にとって、初の本多劇場進出公演。出演は、橋本愛、玉置玲央、プールイ、鬼頭真也ら。その、宣伝ビジュアルがこのほど公開された。

今回のビジュアルはいつもの写真版に加え、漫画家の【浅野いにお】描き下ろしによるイラスト版と、計2バージョンとなる。

そして、根本宗子から届いたコメントは次のとおり。

イントロダクション:根本宗子より

ようやく本多劇場までたどり着きました。
旗揚げから 8 年かかりました。早かったのか長かったのかはわかりません。

何をやろうかは悩みませんでした。
2 年前に書いた「夢も希望もなく。」を元にした新作です。
夢を追い、地方から上京してきた 2人の少女の人生が才能の欠片もない1人の男によって大きく左右される話です。
10年前と10年後のシーンが2時間同時進行し続けるという戯曲と演出で2年前死ぬほど稽古した記憶があります。

そして、そんな二人の少女を橋本愛さんとプールイさんが、ダメ男役を玉置玲央さん(10年前)と鬼頭真也さん(10年後)が。 メインキャストが4人とも初めての方々ですが、キャスティングは一切迷わず決めました。

2年前より、より濃密な感情の情報量の多い芝居になるのではないかなと今からとても楽しみです。やっとここまで来たから、今の自分の思いと二人の少女の感情を重ね、この「夢と希望の先」が私の代名詞になるような作品になるようにしたい。

橋本愛 玉置玲央 プールイ 鬼頭真也

橋本愛 玉置玲央 プールイ 鬼頭真也

公演情報
月刊「根本宗子」第13号 『夢と希望の先』

■作・演出 根本宗子
■日程:2016年9月28日(水)~10月2日(日)
■会場:下北沢・本多劇場
■出演:
橋本愛 玉置玲央 プールイ 鬼頭真也
小野川晶 大竹沙絵子 長井短 墨井鯨子 鈴木智久 尾崎桃子 根本宗子
■タイムテーブル
2016年9月28日(水)~10月2日(日)
28(水)19:00
29(木)19:00
30(金)14:00/19:00
1(土)14:00/19:00
2(日)14:00
※当日券販売・受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前です。
■料金:前売5,500円/当日5,800円(全席指定・税込)
■チケット発売:2016年8月11日(水・祝) 10:00一般発売開始
■公式サイト:http://gekkannemoto.wix.com
メインキャスト
 
橋本愛
1996 年 1 月 12 日、熊本県Thまれ。2009 年に映画『Give and Go』で映画初出演。2010 年に映画『告白』で注目を集め、2012 年には映画『ツナグ』『桐島、部活やめるってよ』で第 86 回キネマ旬報ベスト・テン  新人女優賞、第 36 回日本アカ デミー賞 新人俳優賞を受賞。また、2013 年放送の NHK 連続テレビ小説「あまちゃん」、2014 年放送のドラマ『若者たち 2014』に出演し、躍進を遂げる。主な映画出演作に、『HOME 愛しの座敷わらし』『さよならドビュッシー』『大人ドロップ』『渇き。』『リトル・フォレスト 夏/秋』『残穢』『うつくしいひと』などがある。2016 年 10 月には主演映画『バースデーカ ード』が公開される。

 
玉置玲央
東京都出身。劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍。劇団公演の他、『夢の劇-ドリーム・プレイ-』(白井晃演出)、 残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』(河原雅彦演出)、『戯作者銘々伝』(東憲司演出)、『真田十勇士』(宮田慶子演出)、『朝日の ような夕日をつれて 2014』(鴻上尚史演出)、『赤鬼』(中屋敷法仁演出)、『SEMINAR-セミナー-』(栗山民也演出)など客演 多数。NHK 大河ドラマ『真田丸』、CX『探偵の探偵』、NHK 連続テレビ小説『花子とアン』、WOWOW『ヒトリシズカ』 など映像出演も増え、活動の幅を広げている。また、演劇ユニット「カスガイ」の主宰としても活動。高い身体能力を兼 ね備えた驚異の肉体を持つ、稀代の怪優。

 
プールイ
1990 年 8 月 20 日Thまれ。2009 年レコチョク新人杯に「限られた時間の中で☆」が最終ノミネート、翌年にデビューミ ニアルバム『みんなのプー・ルイ』をリリース。2010 年 12 月、新Thアイドル研究会 BiS を結成。全裸 PV や 100 キロマ ラソン、コシノジュンコの電撃加入などで話題を集める。2014 年 7 月に惜しまれつつも横浜アリーナで解散ライブを行 う。BiS 解散後、現在は LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN のボーカルとして活動。2015 年には活動休止をかけたワンマンライ ブを行い、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューが決定。活動の場は歌にとどまらずラジオのパーソナリティ や舞台など多方面で活動中。

 
鬼頭真也
俳優としても活動しながら、『R-1 ぐらんぷり 2009』決勝に進出するなどお笑い芸人としても活動する、コントグルー プ・夜ふかしの会所属の鬼頭真也を迎える。→コントユニット「夜ふかしの会」のメンバーで、最近ではNHKドラマ「はぶらし」、「大塚家具」「ミンティア」等CMに出演するなど、個々の俳優としても活動が著しい鬼頭真也を迎える。

 
根本宗子<ねもとしゅうこ>    劇作家    演出家    俳優
 
1989年10月16日生まれ 東京都出身
19歳で劇団月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降劇団公演ではすべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。 最近では、WEBドラマ「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」や、 ショートムービー「Heavy Shabby Girl」の脚本を手がけるなど、演劇以外でも精力的に活動中。 2015 年上演の「夏果て幸せの果て」にて、第 60回岸田國士戯曲賞最終候補作品にも選出され、 今年9月には劇団公演初となる本多劇場での新作公演「夢と希望の先」の上演が控えている。

 
■外部脚本提供■
[舞台]    ねもしゅーのおとぎ話『ファンファーレサーカス』(2016年2月)
大森靖子×根本宗子『夏果て幸せの果て』(2015年6月)第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品選出    など
[映画]    MOOSIC LAB 2015    根本宗子×せのしすたぁ『ねもしすたぁ』<監督・脚本:根本宗子>(2015年8月公開)、『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。劇場版』<監督:白石和彌>(2015年 8 月公開)、『Heavy Shabby Girl』<監督:東佳苗>(2015年10月シブカル祭。2015にて公開)
[ドラマ]  GyaO『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』/NHK『青山ワンセグ開発』第3話「初恋」/CX    『オトナグリム』

■外部出演情報■
[舞台]ベッド&メイキングス『墓場、女子高生』(2015年7月)/M&Oplays『水の戯れ』<作・演出:岩松了>(2014年 10月)
虚構の劇団『グローブ・ジャングル』(2014年4月)/ブルドッキングヘッドロック『少し静かに』(2013年4月)ほか多数
[映像]    短編映画『震える』(監督:関谷崇)/短編映画『どんどんどん底』(監督:吉田真也)
[テレビ]  TBS『ゴロウデラックス』(ゲスト:綿矢りさ)/テレビ東京『SICKS~~みんながみんな、何かの病気~』
[ラジオ]  ニッポン放送『マイプレイリスト Love for Japan ~kizashi~』(2014年7月20日)
ニッポン放送『大森靖子・ミッドナイト清純異性ラジオ』(2015年2月15日)
[WEB]    テレビ朝日 LoGiRL『ねむねも』毎週火曜日21時より    <夢眠ねむ(でんぱ組.inc)との共同MC>

■コラム・連載
[雑誌]    ROLA「うじうじアラサー女子にバイバイ レッツ ポジティブ! 」(2016年7月号) [雑誌]MONOQLO「根本宗子の愚痴聞き屋~妄想モノ対談~」(2015年3月より毎月連載中) [WEB]    ローチケ「根本、ローチケで演劇コラム書いてるってよ。」(2015.1月より毎月連載中) [雑誌]    シアターガイド「わたしの今月」(2015.2月号~7月号)[雑誌]小説すばる「コラム:Oh!My アイドル」(2015年3月号)  ほか多数
シェア / 保存先を選択