光と色彩に出会うイタリア絵画! 『ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』展をレポート

レポート
2016.8.2
 (c)girls Artalk

(c)girls Artalk

画像を全て表示(10件)

日本とイタリアの国交樹立150周年を記念した『ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』展が、7月13日から東京・六本木の国立新美術館で開催中です。今回の展覧会では、15世紀から17世紀初頭までの約60点の色彩性豊かなヴェネツィアのルネサンス絵画が出品されています。

水の都ヴェネツィアを彷彿とさせるような会場入口 (C)girls Artalk

水の都ヴェネツィアを彷彿とさせるような会場入口 (C)girls Artalk

本展では、ヴェネツィア・ルネサンス美術の初期から終焉にかけてを1章から5章で総覧します。中でも4章では、ヴェネツィア画派が非常に得意とする分野である肖像に焦点が当てられています。

 

第1章  ルネサンスの黎明―15世紀の画家たち

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

まず、私たちを迎えるのは、ヴェネツィアの初期ルネサンス絵画を代表する画家、ジョヴァンニ・ベッリー二の《聖母子(赤い智天使の聖母)》。青色の壁と共鳴し合うように、深味のある彩色が施された絵画が並びます。また、ヴィットーレ・カルパッチョの《聖母マリアのエリサベト訪問》では、宗教画でありながらも、背景にトルコ風のモチーフが描かれており、当時の暮らしが織り交ぜられた作品となっています。

 

第2章  黄金時代の幕開け―ティツィアーノとその周辺

本展の大きな見どころの一つに、サン・サルヴァドール聖堂にあるティツィアーノ・ヴェチェッリオの《受胎告知》があります。この作品の高さはなんと4m。神がマリアに宿る瞬間への祈りの気持ちが込められた、迫力の一作となっています。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

また、パリス・ボルドーネの《眠るヴィーナスとキューピッド》にも注目です。本作が描かれた16世紀には横たわる裸婦のモチーフが流行しました。結婚の記念として子宝繁栄のために多く描かれ、夫婦の寝室に飾られることもあったそうです。

(C)girls Artalk

(C)girls Artalk

 

第3章 三人の巨匠たち―ティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノ

この章では、ティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノという三巨匠達の大作を中心に構成されています。ヴェネツィア絵画の鮮やかな色使いに加え、独自の表現方法を追求していた三者三様の絵画を見ることができます。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

劇的な明暗表現で宗教画を多く描いたヤコポ・ティントレット(本名:ヤコポ・ロブスティ)が描いた大型祭壇画《聖母被昇天》には、埋葬された聖母マリアが天に昇ろうとする瞬間が描かれています。今まさに風に揺れているように見える、画面中央の聖母マリアの衣は必見です。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

 

第4章 ヴェネツィアの肖像画

筆者にとって特に印象的だったのは、肖像画に描かれた人物達に与えられた生き生きとした眼差しでした。描かれた人々と向き合うとき、そこには「鑑賞者と作品」の時間が存在しているといえます。表情、身体の動き……あなたは作品から何を感じることができるでしょうか。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

 

第5章 ルネサンスの終焉―巨匠達の後継者

第5章では、ルネサンスの終わりと、バロック様式への移行を予感させる展示がなされています。特にパドヴァニーノ(本名:アレッサンドロ・ヴァロターリ)が1620年頃に描いた神話画《オルフェウスとエウリュディケ》では、強い明暗表現で一瞬の感情や情熱の昂ぶりが表現されています。黒い背景に浮かび上がるように描かれたオルフェウスとエウリュディケの際立ち方にも注目です。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

展覧会場を抜けると、そこには展覧会売店が。水の都ヴェネツィアに関するグッズやTシャツ、帽子などが豊富に取り揃えられています。

(c)girls Artalk

(c)girls Artalk

 

『ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』展​は、東京では10月10日(月・祝)まで、大阪では10月22日(土)~1月15日(日)の期間、開催されます。貴重なイタリア絵画の数々を堪能することができる本展、このチャンスを見逃すことなく会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

文・撮影=矢内美春

展覧会情報
『ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』展​
 
《東京展》
会期:2016年7月13日(水)~10月10日(月・祝)
休館日:毎週火曜日(8月16日は開館)
開館時間:10時~18時、金曜日と8月6日(土)、8月13日(土)、 8月20日(土)は20時まで開館
会場:国立新美術館 企画展示室 2E
《大阪展》
会期:2016年10月22日(土)~1月15日(日)
会場:国立国際美術館
 
シェア / 保存先を選択