マーク・パンサー「残酷な天使のテーゼ」英詞カバーでソロ活動開始

マーク・パンサー

マーク・パンサー

マーク・パンサー(globe)がソロ活動を開始。この第1弾となる楽曲「残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)」を、本日8月12日に配信リリースした。

この曲はタイトルどおり、globeと同じく今年で20周年を迎える人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を英詞でカバーし、EDMにアレンジしたナンバー。楽曲のレコーディングはフランスで行われ、日本国内だけでなく世界100カ国以上で同時リリースされた。

今回のカバーについて原曲の作詞者である及川眠子は、自身のTwitterアカウントにて「楽しみに待っていた『残酷な天使のテーゼ』の英語バージョンがヨーロッパから届いた。すんごーく素敵なアレンジ。20年経っても、この曲が愛され続けていることに感謝です。遂にこの曲が世界に羽ばたく時がきたのかぁ?」とコメント。また、マークもソロ活動の始動について「これが今の僕なのでぜひglobeとともに応援して欲しい」と意気込みを明かしている。

マーク・パンサー コメント

音楽活動20周年の節目に、今まで以上に音楽をやりたいという気持ちが強くなったので、今年はglobeの活動はもちろん、ソロ活動にもチャレンジしようと思った。この「残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)」は、ヨーロッパでの生活やDJ経験を活かして、オリンピックで世界の注目を集める日本カルチャーを世界に発信したいと考えてリリースを決めた。これが今の僕なのでぜひglobeとともに応援して欲しい。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択