アンソニー・シェーファーによるトニー賞受賞の傑作舞台が 西岡德馬×新納慎也、西岡德馬×音尾琢真の2バージョンで上演決定

ニュース
2016.10.4

ヒッチコック監督の『フレンジー』、アガサクリスティ原作の『ナイル殺人事件』など、数々の映画脚本でも知られるアンソニー・シェーファーによる傑作戯曲『スルース~探偵~』が、パルコ・プロデュース公演として11月25日(金)~12月28日(水)、新国立劇場・小劇場にて上演されることが明らかになった。

1971年トニー賞受賞、72年と2007年に二度映画化された傑作

本作は、1970年に書かれたサスペンスで、ロンドンとニューヨークでロングランを重ねたのち、71年にトニー賞演劇作品賞やエドガー賞を受賞。72年には、ローレンス・オリビエ、マイケル・ケインの出演で映画化され、アカデミー賞3部門でノミネートされている。2007年にはマイケル・ケインとジュード・ロウによって再び映画化された人気作だ。

作者は『エクウス』や『アマデウス』などで知られるピーター・シェーファーの双子の兄であるアンソニー・シェーファー。日本では1973年に劇団四季によって初演され、その後も繰り返し上演されている。

深作健太の演出に加え、西岡德馬のいぶし銀の演技

ミステリー作家のアンドリュー・ワイクと、その妻の浮気相手である若い男のマイロ・ティンドルを登場人物として、イギリス的ブラックユーモアとウィットの効いた会話によって進むストーリーは、虚実入り混じる騙し合いの中に数々の伏線を潜ませ、あっと驚くトリックと逆転に次ぐ逆転の連続という、サスペンスの醍醐味を存分に味わえる作品だ。

今回のパルコ・プロデュース公演では、演出に映画監督としても活躍する気鋭の深作健太を迎え、老作家役の西岡德馬が渾身の技で観客を翻弄する。

新納慎也、音尾琢真による2バージョンの“競演”

マイロ・ティンドル役は、NHK大河ドラマ『真田丸』での演技で全国的な注目を集めた新納慎也(探偵バージョン)と、今年6月のパルコ劇場“クライマックス・ステージ”を飾った『メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~』での演技も光った、TEAM NACSの音尾琢真(スルースバージョン)の二人がなんとWキャストで挑む。

<あらすじ>
マイロ・ティンドルはある日、著名なミステリー作家のアンドリュー・ワイクから呼び出しを受ける。実はマイロは、アンドリューの妻とひそかに付き合っていたのだ。不倫の追及を受けるものと思っていたマイロだったが、アンドリューは「浪費家の妻にはほとほと困り果てていた」「私にも素敵な愛人がいる」と切り出し、自宅の金庫に保管している宝石を泥棒に扮して盗んで欲しいと言い出した。宝石には盗難保険がかかっているため、双方に利益があるという言い分であった。あまりにも虫の良い話だったが、金銭的に厳しいマイロはアンドリューの筋書きどおりに、珍妙な手順で宝石を盗み始めるが……。

アンソニー・シェーファーの代表作である傑作サスペンスを、3人の俳優たちがどのように演じるのか、キャストの違う2バージョンの競演はどうなのか……。3人の俳優たちの冴えわたる技を観てほしい。

公演情報
スルース~探偵~
 
■日程
2016年11月25日(金)~16/12/28(水) 新国立劇場 小劇場 (東京都)
2017年1月14日(土) ももちパレス 大ホール (福岡県)

2017年1月16日(月) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール (愛知県)
2017年1月18日(水) 仙台電力ホール (宮城県)

■出演:
新国立劇場 小劇場のみ2バージョン公演
[ 探偵バージョン:西岡徳馬/新納慎也 ] 11月25~12月11日 
[ スルースバージョン: 西岡徳馬/音尾琢真(TEAM NACS) ] 12月17日~12月28日
※福岡・愛知・宮城公演はスルースバージョンのみ上演
[ スルースバージョン: 西岡徳馬/音尾琢真(TEAM NACS) ]
 

 
シェア / 保存先を選択