MONOEYES、終始笑顔で走り抜けたステージ

SPICER+

ライブを観ること、バンドをやること。その楽しさが凝縮!

スターウォーズのテーマに乗って登場したMONOEYES。

ほぼ並列に並べられた3本のマイクスタンドの前に並んだ細美(Vo,G)、スコット(Ba)、戸高(G)がお互い何度も視線を交わしながらタイトなサウンドをを展開し、後方から一瀬(Dr)が磐石なリズムを刻んでいく。細美の声も相当伸びやかに出ている!

「Run Run」を早くも2曲目で披露した彼ら。その音や姿はいうまでもなく格好よく、MONOEYESを待ち望んだオーディエンスの熱はぐんぐん高まる。

それとは対照的に、MCでは「楽屋に外国人が一杯いてビックリ」したというスコットや、お盆の話が完全にうろ覚えの細美など、肩の力が抜けた柔らかい空気が流れていくのが印象的だった。

シングル「MY Instant Song」は早くも完全にアンセムとなってマウンテンステージに響き渡り、他にも「Cold Reaction」「グラニート」など次々と『A Mirage In The Sun』の楽曲を披露、あっという間の50分間であった。

 

観る前からなんとなく予想は付いていたのだけど、やはり細美はじめ、4人は終始笑顔。本当に楽しそうで、まるでバンドを組んだばかりの少年のように飛んだり跳ねたり。

後半、「BABYMETALから貰ったバトンをRADWIMPSに」と細美は語ったが、それは決して使命感や重荷といったニュアンスではなく、飄々と「サマソニ楽しいだろ?この後も楽しもうぜ」そんな雰囲気。何より彼ら自身がそうやって楽しんで行ったのである。

大人の余裕を持ちつつ全力で楽しんだMONOEYESは、当然最強だった。

イベント情報
SUMMER SONIC 2015

日時:2015/8/15(土)・16(日)
会場:
■東京

QVCマリンフィールド&幕張メッセ (千葉県)
■大阪
舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪府)
シェア / 保存先を選択