Trignal3rdライブツアーファイナルレポート

SPICER

Trignalライブツアーファイナルをレポート!


Trignal3rdライブツアー『one step forward』が8月16日パシフィコ横浜にてファイナルを迎えた。
Kiramuneに所属する江口拓也、木村良平、代永翼の人気声優3人で結成されたこのTrignal(トリグナル)

大阪2days、そして横浜1日目を終え、横浜2日を迎えた今日の公演は、新ミニアルバム『one step forward』の1曲からスタート!歌はもちろんのこと、華麗なダンスも披露!更に観客席の間をトロッコに乗って移動したり、客席に降りてフロアの真ん中でのパフォーマンス、そこからステージに戻る時に客席の間を走り抜け観客との一体感を煽っていく。
1階はもちろん、2階や3階にも手を振る気配りを多くしていたり。常に会場を訪れたファンを楽しませるようなパフォーマンスが随所に盛り込まれていた。

ソロパートも充実、三人の成長を感じられるライブ
Trignal3人でのパフォーマンスの他に、1人1人のソロパートも見どころだった。そこでは1人1人のキャラを生かしたような、可愛かったり、爽やかだったり、カッコよかったりなどの個々の魅力を余すことなく堪能。
例え誰か1人を目的に公演に行ったとしても、あれを見ればきっと惹きつけられることだろう。

1人1人がそうやって素敵なパフォーマンスができる3人が1つになったTrignalの歌は明るくて、元気がもらえるような力を感じた。可愛い振り付けでファンを沸かせたかと思えば、「MISSION」のようなカッコいい振り付けでファンを虜にするという、緩急自在の一瞬たりとも目が離せない展開。

MCでは、ライブ中に代永さんが江口さんにキスした話で盛り上がったり、実はライブのダンス中にもお互い目があったときは何かしらコンタクトをとっていることを明かしたり、ファンの興味を惹きつける彼らの魅力はトークでも健在!
 
アンコールも終わり、最後の挨拶をしたメンバーは、みんなありがとう!と興奮したように話していた。それだけメンバーからしても最高なものがそこにはあったということだろう。
現在の進化を続ける「Trignal」としての最高のパフォーマンスを見られた最高のツアーファイナルだった。

 

シェア / 保存先を選択