江戸時代の"ゆるカワ絵画"を堪能 禅僧・仙厓義梵の画業を振り返る展覧会『仙厓ワールド』が開催に

SPICER
仙厓ワールド

仙厓ワールド

江戸時代の禅僧・仙厓義梵による作品を展示する展覧会『仙厓ワールド』が、2016年10月15日(土)~2017年1月29日(日)まで永青文庫にて開催される。

仙厓義梵(1750~1837)は聖福寺(福岡市)の住職をつとめた江戸時代後期の禅僧。民衆のために描いたユーモアに富む禅画で知られている。会場となっている永青文庫は100点以上の仙厓作品を所蔵しており、本展はその所蔵作品を中山喜一朗氏(福岡市美術館副館長)の監修で調査した成果を4期にわたって一挙公開する試みだ。

仙厓の禅画の世界は、素朴な表現や、"ゆるカワ"ともいえる脱力系の筆致が特徴だが、そこには仙厓独自の禅の哲学が込められている。会場では、展示作品の傍らに一言コメントを掲示し、仙厓が人々に説いた禅の心を分かりやすく解説してくれるとのこと。また、仙厓の禅画の素朴な表現と、仙厓愛用の朝鮮の茶碗にも共通する、アジアの素朴なうつわや小さくて愛らしい香合、さらに硯など明清の文房具を展示。永青文庫所蔵作品による“仙厓ワールド”の素朴な表現、墨の文化を堪能することができる。

 

イベント情報
仙厓ワールド
会期:2016年10月15日(土)~2017年1月29日(日)※仙厓の書画は各期に全点展示替えを行います
【第1期】10月15日~11月6日【第2期】11月8日~11月27日
【第3期】11月29日~12月25日【第4期】2017年1月7日~1月29日
会場:永青文庫
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日(但し1/9は開館し、翌日休館)、12/26~1/6
入館料:一般800円(※700円)、シニア(70歳以上)600円(※500円)、大学・高校生400円、
中学生以下無料
※は10名以上の団体料金。障害者手帳をご提示の方およびその介助者(1名)は無料。
シェア / 保存先を選択