徳川美術館で国宝「源氏物語絵巻」をはじめ名品「やまと絵」を一挙公開

ニュース
2016.11.7
徳川美術館:左・重要文化財「葉月物語絵巻」 右・重要文化財「掃墨物語絵巻」

徳川美術館:左・重要文化財「葉月物語絵巻」 右・重要文化財「掃墨物語絵巻」

名古屋市の徳川美術館にて企画展『やまと絵うるわし』が11月9日 (水)から開催される。

本展は、日本の美しさを詠った『古事記』の有名な言葉“やまとしうるわし”にちなんで『やまと絵うるわし』と題し、日本の美しい風景や人々の営みを絵巻や屏風、掛軸などに描いた「やまと絵」の美を紹介するもの。日本を代表する「やまと絵」の宝庫でもある徳川美術館が所蔵する名品絵巻が一挙公開されるのは、平成5年以来、実に23年ぶりとなる。

さらに本展の会期中、11月19日(土)~27日(日)には、国宝「源氏物語絵巻」【関屋・絵合・東屋(一)】も特別公開される。

イベント情報
企画展『やまと絵うるわし』
会場 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫
会期 2016年11月9日 (水) ~ 2016年12月14日 (水)
開館時間    午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日    月曜日 平成28年12月15日(木)~平成29年1月3日(火)
<観覧料>   
一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
主催    徳川美術館・名古屋市蓬左文庫
協力    名古屋市交通局

<記念講演会>   
ギャラリー・トーク(担当学芸員が展示解説します。)
11月16日(水)・12月4日(日) 各午後1時~ ※入館者参加自由

 

シェア / 保存先を選択