新武器と新ルール解禁!! 「スプラトゥーン」の新要素を徹底追跡

SPICER
 ©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

画像を全て表示(18件)

8月15日、新ルール「ガチホコ」解禁で、戦いはさらなる領域へ

 任天堂から発売されたWiiU用ソフト「Splatoon(スプラトゥーン)」に大型アップデートが入りはや2週間が経過しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 私は隙あらばスプラトゥーンをプレイし、睡眠時間を削る日々を送っています。

 まだアップデートの興奮冷めやらぬ先月8月15日、新たに新ルール「ガチホコ」が追加され、大きな盛り上がりを見せています。今回はそれら新要素についてのレポートをお届けします。

バレルスピナーとバケットスラッシャーの使用感

 今回のバージョンアップで追加された武器はガトリンングガン風の「バレルスピナー」とバケツ風の「バケットスラッシャー」の2種類です。ここではその2種の武器の使用感についてお伝えします。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 まずはバレルスピナーですが、これはプロモデラーシリーズのように連射力がありながら、リーチもかなり長めになっています。その代わり、撃つ時にチャージが必要な少し変わった武器です。他の連射系武器と比べると射程が長く、一方的に射撃を浴びせやすいため、制圧力が高めです。また、射程の長い武器は塗り能力に難がある場合がほとんどですが、この武器はある程度の塗り能力も確保しているため、足回り確保の役目もそこそこ果たせることが大きな長所ですね。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 一方、短所としては1発の威力が低いことがあります。体力がMAXの相手には4発当てないと倒せないのですが、これが意外と厄介で、あと少しというところで逃げられてしまいがちです。なので、的確に相手を狙う腕前が必要になってきます。また、チャージ無しでは何も出来ないことから、出会い頭での相手との撃ち合いはまず勝てません。また、チャージ中はとても歩きが遅いので、イカに相手に近寄られずに立ちまわるかがポイントです。それと、射程は長めではあるものの、チャージャーと比べると短いため、動きの遅さも相まって一方的に射抜かれてしまう危険があることに注意しましょう。

 総評。足回りが遅いうえに、近寄られると辛いため、やや扱いにくいです。ただし、遠距離から一方的に制圧しつつ塗りも可能という独自の強みがあるので、射撃の腕前に自信があるならば活躍が期待できる、総じて玄人向きの武器といえるでしょう。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 続きましてバケットスラッシャーですが、これはバケツに入れたインクを直接ぶつける、今までになかったタイプの武器です。イメージとしてはローラーの振り攻撃のみの武器といった感じでしょうか。このインク攻撃ですが、上下にとても判定が強く、高所にいる敵を一方的に攻撃しやすいため、モズク農園など、高所に敵がいやすいMAPなどで活躍しやすいです。また、上に射撃を行うと下にも降り注ぐ性質があるため、例えばジャンプしながら射撃するといった、回避行動を兼ねた攻撃をしてくる相手のさらに上を狙うことで、他の武器と比べて当てやすいというメリットがあります。さらに壁の向こうにいる敵を壁を通り越してダメージを与えられるたり、高所から射撃して下を制圧するなど、ややトリッキーな使い方もできます。また、壁を一瞬で広範囲を塗れるため、逃げ道を作りやすいのも大きな長所でしょう。その他、塗り力も高めなので、スペシャル増加量アップの防具と組み合わせてスペシャルのトルネードを連発するのも面白いかもしれません。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 一方、短所に連射力がそこまで高くないことがあげられます。HPが満タンの相手は撃破するのに2発かかってしまうため、1対1の撃ちあいでは先にやられてしまうことが多いです。ですが、1発の威力は低くは無いので、少しHPが減っている相手などには強いです。なので、味方とうまく連携するとよいでしょう。特に、プロモデラーやシャープマーカーといった連射力の高い武器と相性が良いです。後、射程はかなり短いため注意です。

 総評ですが、上下に強いという、他の武器にはない特色を持つので、相手との高さを意識して立ち回りましょう。

イカ娘とのコラボ服の性能をまとめてみた

 先日の大型アップデートした際に追加された大人気マンガ「侵略! イカ娘」とのコラボレーション服が追加されました。イカ娘服の気になる性能ですがイカのようになっています。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

メイン効果
頭 スタートダッシュ
体 攻撃力アップ
足 イカダッシュ速度アップ

 頭のスタートダッシュはヒト状態とイカダッシュ時の速度が上がる効果となっています。頭と足の効果が両方共速度が速くなるもので、特に開幕は効果が重なるため、先行して味方の足場を確保しやすいです。ただし、体の攻撃力アップ効果だけどうも浮いてしまっている感があります。また、攻撃力アップは重ねなければあまり効果が実感できない点もマイナスです。結論としましては、体が足を引っ張っている印象です。使えなくはないがフルセットで戦うのは少し厳しめでしょうか。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 ただ、この装備は再現度が非常に高く可愛いです。なので、私は多少弱くとも気にせずこの装備を使い続けたいと思います。とはいえ、私のROMは一向に足を売ってくれなかったので、これから育てていこうと思います。ちなみにイカ娘はランク2装備でサブは初期では2スロットしか無いため、メインで使っていくならスロットを増やしておきましょう。

新ルールガチホコマッチレポート

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 8月15日、ガチマッチに追加された新ルール「ガチホコ」ですが、これはステージにおいてあるホコを持ち、相手陣地まで運んだほうが勝ちというルールです。時間内に決着がつかなかった場合はより近くまで運べたチームの勝利となります。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 ホコにはシールドがあり、それを射撃で破壊すると持てるようになります。また、破壊時に破壊した側の色で周囲を塗りたくりますが、破壊された側が巻き込まれると即死なので注意しましょう。ホコを持っているときは自分の武器が使えなくなる代わりに、チャージで弱いスーパーショット的な射撃が撃てます。このショットは威力は高いため、最低限の迎撃くらいは出来ますが、塗り能力や範囲など、それ以外の性能は壊滅的なため、過信しすぎないようにしましょう。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

 ホコを持っている時でもイカ状態で潜ることは可能です。なので、もし相手陣地まで塗りが確保されていればそのまま一直線に相手陣地に突っ込むことも出来ます。なので、場合によっては一瞬で勝負がついてしまうこともあり、その様はラグビーのタッチダウンのようです。ただし、ホコは一定時間持っていると自爆するので、ホコをもってイカ状態でガン逃げといったことは出来ません。

 他のルールでもそうでしたが、このルールではそれ以上に足回りが重要になるため、塗り能力が高い武器は活躍しやすいです。ただし、ホコのまわりに人が群がる展開になりやすいため、そこをまとめて攻撃できる殺傷能力の高い武器も強力です。チームの武器のバランスと役割分担が重要となるため、どんな武器でも活躍の場面がありそうです。なので、普段使い慣れている武器で基本的には問題なさそうですが、そんな中で個人的にオススメの武器を紹介します。

個人的ガチホコ時オススメ武器

N-ZAP89

 その塗り性能の高さで、ホコを運ぶ道を確保する立ち回りがオススメ。また、ホコ付近にスプリンクラーを置くと、バリアの内側に入り込んですさまじい勢いでバリアを剥がせるので覚えておくと便利です。ただし、置く場所が近すぎるとスプリンクラーが壊れるので注意しましょう。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

わかばシューター

 塗り性能がそこそこ高く、またほこに群がってくる敵をスプラッシュボムで牽制出来ます。さらに、バリアで強引に道を作れたり、相手の進行を止められたりと、色々な状況で活躍できる武器です。ただし、打ち合いは強くないので、特に他の味方との連携が重要です。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

スプラチャージャーワカメ

 射撃の腕に自身がある人にはチャージャー系など、射程の長い武器がホコの攻撃の範囲外から一方的に攻撃できるためオススメです。その中でもこの武器は、相手の進行を止めたりホコに群がる敵をまとめて攻撃できるなどさまざまな局面で使えるメガホンレーザー、道の確保やバリア破壊に有効なスプリンクラーを持つため使い勝手が良さそうです。

©2015 Nintendo

©2015 Nintendo


 
 今後も継続的に武器の追加やフェスなど、さまざまな動きがある「スプラトゥーン」の今後の動きに注目です。
©2015 Nintendo

©2015 Nintendo

シェア / 保存先を選択