「『放浪記』くらい何回もやればいいのに」初座長・浜中文一を河原雅彦がベタ褒め!R15指定ミュージカル『50Shades!』開幕

SPICER
(前列左から)大澄賢也、玉置成実、河原雅彦(後列左から)安田カナ、佐藤仁美、明星真由美

(前列左から)大澄賢也、玉置成実、河原雅彦(後列左から)安田カナ、佐藤仁美、明星真由美


世界中で1億冊以上を売り上げた大ベストセラー小説「50 Shades of Grey」をオフ・ブロードウェイでパロディ化した作品の日本版、ミュージカル『50Shades!(フィフティシェイズ!)~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』が11月28日(月)から新宿FACEにて上演される。若くて有能だが人を心から愛せない青年実業家のグレイと、男性経験のないうぶな大学生アナとの歪んだ愛と過激な性描写の物語。オフ・ブロードウェイで上演されたときは連日大盛況となった作品だ。

28日の昼すぎ、同劇場にて1幕のみの上演と初日前の会見が催され、グレイ役の浜中文一(関西ジャニーズJr.)アナ役の玉置成実をはじめ、明星真由美、安田カナ、佐藤仁美、大澄賢也が顔を揃えた。

製作発表がなされたとき、『R15指定作品』となったことで、内容の過激さが注目されていたが、これについて上演台本・訳詞・演出を務めた河原雅彦は、「とっても普通の演劇です。8割がた書き直しましたが。オフ・ブロードウェイで作った作品をリスペクトして作っただけなので、僕たちは悪くないですから」としれっと答える。

ステージにはエロティックなガーターベルトつきのヒップが!

ステージにはエロティックなガーターベルトつきのヒップが!

そんな河原に演出された玉置はグレイに調教されていくというかなり際どい役を演じる。「河原さんが細かく演出をつけてくださったので…すべて河原さんの責任です」と笑顔でコメント。また、アナに恋するメキシコ人のホセ役・大澄も「僕の役は河原さんがすべて(演出を)つけてくださったので!」と続けたので、河原が思わず「この流れ、良くないですね」と苦笑していた。

一方若く有能な青年実業家だが、サディストというグレイ役を浜中が演じることについて「この役、オフ・ブロードウェイのほうではものすごく太った三枚目のコメディアンのようなおじちゃんがやっているんです。で、今回ジャニーズ事務所の人がグレイ役をやるってことになり、大丈夫かなあ…と思ったんですけど、変態でしたね、思いのほか(笑)こういう役は演じる側に品がないとダメで。イキイキと変態を押し出されてもお客さんは引いちゃう。その点、浜中くんをはじめ舞台上の役とはかけ離れたとっても上品な方々ばかり。文ちゃん以外にこの役をやれる人がいるのかな?と思うくらい。森光子さんの『放浪記』くらい文ちゃんが何回もやればいいのに」とべた褒めの河原。

奥様たち(佐藤仁美、明星真由美、安田カナ)がドハマリした本とは!?

奥様たち(佐藤仁美、明星真由美、安田カナ)がドハマリした本とは!?

一方、芝居の中ではピー音が入るくらい、ギリギリのところを攻め続ける浜中は、「やっているうちに麻痺しちゃってヤバイことをしている感覚がしないんです。観に来た人の反応は0か100だと思う」と比較的冷静。見どころについては「全部観てほしい。どの場面も目が離せないと思うんです。または僕が脱ぐとこかな?変身するところ!」とアピール。

浜中のファンにとって、今年は舞台『ガラスの仮面』の桜小路優役のあとに本作のサディスト・グレイを観て、その後、年明けに『Endless SHOCK』を観ることになる。ふり幅の広すぎる昨今の役どころについて、当の本人がどう思っているか、問われたところ、「どうなんですかねえ(笑)どちらかというと、本来の僕はこっち(『50Shades!』)寄りなんです。やっとオフィシャルでこういう事ができる、今までは(ジャニーズJr.のステージなどで)勝手に僕がやっていた。やっと事務所が認めてくれた!」と妙に嬉しそうだった。

純真無垢な女子大生アナ(玉置成実)と対称的なアナの友人キャサリン(安田カナ)

純真無垢な女子大生アナ(玉置成実)と対称的なアナの友人キャサリン(安田カナ)

最後に、舞台を楽しみにしているお客様に向けて、河原から「みんなイヤらしいことを家で考えたり、したりするじゃないですか。そういう意味では『エロ』って普遍的なテーマ。それをこんなに晴れ晴れと笑い飛ばすエンターテイメントはやっている方も楽しいし観ている方も楽しい。『エロ』というのはコミュニケーションツールとして全世界に通用するものだと思うんです。外国人とでも下ネタってコミュニケーションを取るのは早いと思います。だから2020年の東京オリンピックのときはイヤホンガイドでこれを再演したら歌舞伎座に負けないくらいお客さんに受け入れられると思いますので、皆さん広い心でお見守りください」と挨拶。

大澄賢也はアナに惚れているメキシコ人を演じます。存在自体がエロい!!

大澄賢也はアナに惚れているメキシコ人を演じます。存在自体がエロい!!

そして初座長を務める浜中は、「今回は皆さんと一緒に楽しめる作品。一緒に演じている気持ちを体感してもらいたい。僕自身、真の浜中文一が出せると思います。本来そういう人間なので、かしこまった挨拶もできませんので、とにかく全員一丸となってやってますのでぜひ観にきてください」と意気込んだ。

公演情報
あきれるほどエロティック❤コメディ
ミュージカル​『50Shades!(フィフティシェイズ!)~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』


■上演台本・訳詞・演出:河原雅彦
■出演:浜中文一(関西ジャニーズJr.)、玉置成実、明星真由美、安田カナ、佐藤仁美、大澄賢也/宮河愛一郎、松之木天辺、副島淳
公式サイト:http://www.ktv.jp/event/50​

<東京公演>
■日程:2016年11月28日(月)~12月11日(日)
■会場:新宿FACE
■チケット料金:9,500円(全席指定・税込/1ドリンク付)/立見7,500円(税込 / 1ドリンク付)
※立見は指定された位置で立ったままご覧頂きます。場所の移動はできません。
※本公演は15歳未満、中学生以下の方はご入場頂けません。

<大阪公演>
■日程:2016年12月28日(水)〜29日(木)
■会場:サンケイホールブリーゼ
■チケット料金:9,000円(全席指定・税込)
※本公演は15歳未満、中学生以下の方はご入場頂けません。

<あらすじ>
週に一度、「本を読む会」を開催している主婦三人組パム、ベブ、キャロル。マンネリ化した性生活を送る彼女たちが選んだ本は、女子大生のアナが若き企業家のグレイに惹かれていく恋愛小説、いやその実、官能小説。小説で描かれるのは、これまで平凡に生きてきた純真無垢な女子大生・アナ(処女)と、リッチで色男、だけどとんでもない性癖を持った青年実業家・グレイの、どこまでも歪んだ愛のカタチ…。果たしてアナの心のビッグ・ホールは、グレイのビッグ・ラブよって埋められるのか?それとも拡張されちゃうのか?惹かれ合う二人の行方やいかに?!


シェア / 保存先を選択