小栗旬が銀髪、菅田将暉が眼鏡、橋本環奈がチャイナ服、実写『銀魂』初写真

ニュース
2016.12.6
 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

実写映画『銀魂』のキャラクタービジュアルが公開された。

公開されたのは主人公・坂田銀時役の小栗旬、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈のビジュアル。2か月間におよぶアクショントレーニングで身体を鍛えたという小栗は、地毛を銀髪に染め、さらにウィッグを使って銀時の天然パーマの銀髪を再現したという。ビジュアルでは洞爺湖土産の木刀を手にする様子が写し出されている。

菅田演じる新八は、長澤まさみ演じる姉の妙と共に父の遺した剣術道場を切り盛りしている少年で、気弱だが強い信念を持っているキャラクター。ビジュアルでは眼鏡をかけた黒髪の菅田の姿が確認できる。また橋本は髪をオレンジに染め、青い瞳とチャイナ服によって神楽の容姿を再現している。

2017年夏に全国で公開される映画『銀魂』は、空知英秋の同名漫画をもとにした作品。宇宙から来た「天人」の台頭と廃刀令により、侍が力を失っている江戸を舞台に、銀時と仲間たちの身に起こる様々事件を描く。キャストには小栗、菅田、橋本、長澤に加え、岡田将生、ムロツヨシ、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、堂本剛、新井浩文、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、早見あかりらが名を連ねている。監督・脚本を手掛けるのは福田雄一。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択