夜食テロ再び!? ドラマ『孤独のグルメ Season5』が10月から放送決定&原作コミックが18年ぶりに新刊発売!

『孤独のグルメ』第5期が放送決定&18年ぶりにコミック続巻発売!

『孤独のグルメ』第5期が放送決定&18年ぶりにコミック続巻発売!

画像を全て表示(2件)

 松重豊さん演じる、主人公の井之頭五郎が、仕事の営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ』の「Season5」が、ドラマ24枠の10周年目を飾る作品として、10月2日(金)から放送されます。

 主演の松重さんがあまりにおいしそうに食べるため、深夜にも関わらず見る人の食欲を刺激してしまい、“夜食テロ”として知られる本ドラマ。「Season5」では、コンセプトはそのままに、主人公の行動範囲に小さな変化が生まれるとのこと。これまで同様に五郎は都内を中心に仕事をしながら、時には地方へ出張にも行くが、今回は日本を飛び出しなんと海外進出も! いったい五郎はどこへ行き、何を食べるのか。井之頭五郎は第5弾になってもおいしいものへの飽くなき探求心を持ち続けます!

 原作コミックは、1997年に単行本が発売された後、『週刊 SPA!』(扶桑社)で不定期に新作が掲載されており、今回のドラマの放送タイミングに合わせ、18年ぶりとなる待望の続刊『孤独のグルメ2』が9月29日に発売されます。

 そんな今大盛り上がりの『孤独のグルメ』から今回、主演の松重さん、原作者の久住氏、そしてプロデューサーの川村氏のコメントが到着したので、紹介します!

主演:松重豊コメント
先日、さる高名なお寺の方が、断食中に空腹を紛らわすために、『孤独のグルメ』の DVDを見ていると聞きました。その声に背中を押されてのSeason5です。このシリーズは、視聴者の方が飽きたら終わりですので、よろしくお願いします。僕の内臓がどこまでもつかわからないので、今年できることを今年やります。

原作者:久住昌之コメント
3年前「孤独のグルメ」が初めてドラマ化された時には、こんなことになるとは夢にも思いませんでした。最近は取材で全国各地に行くたびに、たいていどこかで声をかけられます。去年の暮れはとうとうパリの凱旋門で中国人留学生に声をかけられました。正月にはソウルで、韓国のファンに一緒に写真撮らせてくださいと言われました。みんなドラマを見ていると言います。嬉しいけど恥ずかしいです。
さらにドラマに先駆け、マンガも約20年ぶりに「孤独のグルメ2」が出ます。気を引き締め、初心に戻って淡々としっかり面白い台詞や音楽をがんばるつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

プロデューサー:川村庄子コメント
1年と3カ月ぶりに『孤独のグルメ』が帰ってまいりました。いよいよ「Season5」、久々の食欲の秋です。夏が2度続き、ちょっとはっちゃけた感ありの『孤独のグルメ』でしたが、この秋はちょっとクールにハードボイルドさを出してみよう、などと思いつつも、お腹が空いたらどうなるかわかりません。五郎さんが訪れるお店は、あいもかわらず『孤独のグルメ』スタッフがこの炎天下の中、足と舌で日々探し求めたお店。スタッフ一同前のめりで頑張ってます。秋の夜、みなさまと、またリアルタイムでつながりほっこり盛り上がる、至福の時間を今から心待ちにしています。『孤独のグルメ』50回目のSeason5初回放送から忘れずにご覧いただけますよう、よろしくお願い致します。


■ちなみにドラマと原作ではこんな違いが!
 ドラマは基本的にオリジナルのシナリオが展開され、それに伴って、原作とは違っている部分も多々見られます。そこで『孤独のグルメ』の原作とドラマの違いを並べてみました!

(1)ドラマと原作の井之頭五郎の違い
 原作漫画とドラマでの大きな変更点と言えば、主人公である井之頭五郎の性格だろう。原作での五郎はアクが強く、端的に表現するならば、“妙にリアリティのある中年のおっさん”となっている。基本的には寡黙だが、言葉の端々にクセが出てきており、場合によっては嫌味が出る時もある。

 一方ドラマの五郎は素朴なおじさんとでもいえばいいのか、原作に比べてそれほどアクを感じさせない人物になっている。これは演じている松重さんの姿や演技などがそうさせている部分が大きく、井之頭五郎という人物を大分マイルドにしてくれているように感じる。

(2)ドラマと原作の食事場所の違い
 原作第1話「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」とドラマ第1期1話「江東区 門前仲町のやきとりと焼きめし」のように、食事場所は原作もドラマもはっきりしている。

 ドラマではすべて実在のお店で食事をしており、ドラマ放送後には長蛇の列ができることもあるという。一方原作ではお店で食事していない話もあり、コンビニや病院で食事をする話も存在する。

(3)ドラマと原作の五郎の本業の違い
 五郎の本業が個人規模での輸入雑貨商というのは原作もドラマも変わらないが、原作ではほぼノータッチだった五郎の本業についてドラマでは、前半に本業の仕事をする五郎、後半に気ままに食事をする五郎と、本業にも注目しながら描かれている。

(4)ドラマと原作の時間軸の違い
 ドラマには、原作の延長上だと思われるエピソードも存在し、またドラマ内の所々で原作以降だと示唆する表現が出たりがする。五郎が、ほぼ原作通りの話を回想していたりするので、原作漫画の後年の話なのだと判断することができる。ということは、原作から数年経つことで、五郎はドラマのように穏やかでコミカルなおじさんになったのだろうか……?

 五郎の性格から時間軸まで、実は違うドラマと原作。これを読めば、秋からのドラマと原作コミックがより楽しめるかも!?

【番組概要】
タイトル:ドラマ24『孤独のグルメ Season5』
放送日時:2015年10月2日スタート/毎週金曜深夜0時12分
放送局:テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜夜11時58分(10月5日スタート)
出演:松重豊 ほか
原作:『孤独のグルメ』作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊SPA!)

>>番組HP

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択