明治維新から150年の2018年に向け山口県萩市に「萩・明倫学舎」オープン

ニュース
2017.2.6
萩・明倫学舎

萩・明倫学舎

画像を全て表示(5件)

明治維新から150年を迎える2018年に向け、明治維新の原動力となり多くの萩藩の教育や人材育成の中枢を担った藩校明倫館の跡地に「萩・明倫学舎」が2017年3月4日(土)にオープンする。

「萩・明倫学舎」には、萩の観光インフォメーションセンター、藩校明倫館から旧明倫小学校までの300年の歴史に触れる観光案内や、2016年7月に世界遺産に登録された萩市の5資産を含む「世界遺産ビジターセンター」、幕末維新期の歴史・科学技術史の貴重な実物資料を展示する「幕末ミュージアム」を開設。また、周辺には藩校明倫館の遺構として、槍・剣道場の「有備館」や水中騎馬が行われた「水練池」などを見学することができる。

施設情報
施設名 : 萩・明倫学舎
所在地 : 山口県萩市江向602番地
開館時間: 午前9時~午後5時
(飲食スペースは午前11時~午後9時
※ラストオーダー午後8時30分)
観覧料 : 本館無料
2号館 大人300円、高校生200円、小・中学生100円(団体2割引)
駐車場 : 普通車 約180台(310円/1回)、大型バス 10台(1,030円/1回)
参照URL : https://www.city.hagi.lg.jp/site/meiringakusha/

 

シェア / 保存先を選択