満州の写真を通じてモダニズムを振り返る 『異郷のモダニズム-満洲写真全史-』展が名古屋市美術館で開催

SPICER
淵上白陽《列車驀進》1930(昭和5)年

淵上白陽《列車驀進》1930(昭和5)年

2017年4月29日(土・祝)~6月25日(日)にかけて、名古屋市美術館にて『異郷のモダニズムー満洲写真全史―』展が開催される。

1906年、日本は「南満洲鉄道株式会社(満鉄)」を設立し、本格的な植民地経営に乗り出す。その後、満洲の存在と意義を日本国民に知らせることを目的に、満鉄による啓蒙活動が展開されていく。その「内地」に向けての「弘報」活動において、視覚的な資料=写真が宣伝材料として重視されるようになった。満洲の写真は、1932年の満洲国建国の前後からは絵画的に配信されるようになった。

しかし、日本の敗戦とともに満洲国は崩壊し、それとともに満州の写真表現の展開も消滅する。「記録」と「表象」、「紹介」と「啓蒙」、さらには「宣伝」へと展開した満洲の写真は、近代を記録し続けた写真というメディアの発展をたどるものだったといえよう。

本展は、およそ四半世紀の間に展開した満洲の写真表現を、貴重なヴィンテージ・プリントや多数の資料でたどる展覧会だ。多数の展示作品を通じて、改めて日本のモダニズム表現を振り返ることができる内容となっている。

 

イベント情報
異郷のモダニズムー満洲写真全史―

会期:
2017(平成29)年4月29日(土・祝)~6月25日(日)
[前期] 4月29日(土・祝)~5月28日(日)
[後期] 5月30日(火)~6月25日(日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
夜間開館:毎週金曜日は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)
但し、5月5日(金・祝)は午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
料金:
一般 1,200円(前売1,000円)、高大生 800円(前売600円)、
中学生以下無料 ※カッコ内は20名以上の団体及び前売り料金
会場:名古屋市美術館 企画展示室1・2及び地下1階常設展示室
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml
シェア / 保存先を選択