十世坂東三津五郎の煌めきの芸。シネマ歌舞伎最新作は『喜撰/棒しばり』

『棒しばり』

『棒しばり』

来年2月21日、一周忌を迎える十世坂東三津五郎。シネマ歌舞伎ではその代表作とも言える『喜撰』『棒しばり』(2本立て)を第23弾作品として、2016年2月13日(土)から全国公開することを決定した。

坂東三津五郎は、古典での折り目正しい格式、新作や復活狂言への取り組みと、剛柔併せ持つ歌舞伎俳優として活躍し、また、舞踊の名手としても、その名を知られていた。

『棒しばり』は、十八世中村勘三郎との名コンビで人気を博した演目。今回は、六世尾上菊五郎と七世坂東三津五郎が大当たりをとった人気舞踊を、それぞれの孫、曾孫にあたる勘三郎と三津五郎が勤めた記念すべき初演、平成16年の舞台。今年の八月納涼歌舞伎では、“十世坂東三津五郎に捧ぐ”として、二人のそれぞれの息子、勘九郎と巳之助が演じ、大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。

『喜撰』

『喜撰』


『喜撰』は三津五郎襲名公演でも踊った作品で、今回上映されるものは、三津五郎最後の『喜撰』となった平成25年6月「歌舞伎座新開場杮葺落公演」の舞台を収録したもの。華やぎと笑い溢れる豪華2本立てとなる。

『喜撰/棒しばり』二本立て 本編80分(予定)

『喜撰/棒しばり』二本立て 本編80分(予定)

公演情報
シネマ歌舞伎

『棒しばり』(平成16年4月 歌舞伎座公演)
※本作品は、アナログ素材をHD化して上映。
出演:中村勘三郎、坂東三津五郎、坂東彌十郎

『喜撰』(平成25年6月 歌舞伎座公演)
出演:坂東三津五郎、中村時蔵、坂東秀調、坂東亀三郎、坂東亀寿、尾上松也、中村梅枝、中村歌昇、中村萬太郎、坂東巳之助、中村壱太郎、坂東新悟、尾上右近、大谷廣太郎、中村種之助、中村米吉、大谷廣松、中村児太郎、中村鷹之資

2016年2月13日(土)東劇ほか全国公開
シネマ歌舞伎公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/
演劇キック - 観劇予報
シェア / 保存先を選択