横尾忠則が外国への旅から受けた影響をさぐる 『ヨコオ・ワールド・ツアー』展が開催に

ニュース
アート
2017.3.27
ポスターデザイン:横尾忠則

ポスターデザイン:横尾忠則

画像を全て表示(10件)

『ヨコオ・ワールド・ツアー』展が、2017年4月15日(土)~8月20日(日)にかけて横尾忠則現代美術館にて開催される。

1960年代より、アンダーグラウンド演劇のポスターを手掛け、グラフィックデザインの世界で活躍した横尾忠則。見聞きしたものを独自に変換し、自身の作品に取り込む横尾忠則にとって、外国への旅はイマジネーションの宝庫だったという。1964年のヨーロッパ旅行以来、横尾は世界各国を訪れる。なかでも1967年のニューヨーク、1974年以降繰り返し訪れるインドは横尾の作品に多大な影響を与えた。さらに、1980年にはニューヨーク近代美術館でのピカソ展を機に画家に転身するなど、旅は横尾の生き方に深く関わっている。

New York (ポスターオリジナルズ ニューヨーク) 1968 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

New York (ポスターオリジナルズ ニューヨーク) 1968 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

A.W. misses M.D. 2014 国立国際美術館蔵

A.W. misses M.D. 2014 国立国際美術館蔵

The Rolling Stones(ワードレコーズ) 2012 横尾忠則現代美術館蔵

The Rolling Stones(ワードレコーズ) 2012 横尾忠則現代美術館蔵

本展では、横尾が訪れた各都市や影響を受けた地域、文化を軸に作品を紹介。ヨコオワールドが世界に拡がっていく様子を、関連作品と資料から辿っていく内容となる。横尾のデザインをあらたな角度から眺めることのできる機会となるだろう。気になる方はぜひ足を運んでみては。

ニューオリンズからの使者 1994 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

ニューオリンズからの使者 1994 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

EDO to MEIJI 1868-1911 1985 大塚オーミ陶業株式会社+作家蔵

EDO to MEIJI 1868-1911 1985 大塚オーミ陶業株式会社+作家蔵

 

イベント情報
開館5周年記念展「ヨコオ・ワールド・ツアー」(Yokoo Tadanori World Tour)

会期:2017年4月15日(土)〜8月20日(日)
開館時間:10:00−18:00[金・土曜日は−20:00]
入場は閉館の30分前まで
休館日 :月曜日[ただし7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館]
場所 横尾忠則現代美術館(兵庫県神戸灘区原田通3-8-30)
 
[関連事業]
Ayuo スペシャルライブ&トーク 子どもの目から見たサイデリック文化
出演:Ayuo(Vocals, Guitar, Bouzouki, Voice and Movements)、沢田穣治(Bass, Guitar, etc.)
日時:6月3日(土)14:00〜、17:00〜(各回約40分)
会場:当館オープンスタジオ
定員:各回150名(先着順)
参加費:無料

イブニング・ギャラリーツアー
担当学芸員といっしょに展覧会を鑑賞しましょう

講師:当館学芸員
日時:5月27日(土)、7月22日(土)、8月5日(土)いずれも18:00~18:45
集合場所:当館オープンスタジオ
参加費:無料、ただし要展覧会チケット
※当日は20時まで「ぱんだかふぇ」を営業します
シェア / 保存先を選択