特殊メイク業界を経た、異色の陶芸家・千代雷央の初個展が弘重ギャラリーにて開催

SPICER
『千代雷央展 僕らの知らない、陶芸。』

『千代雷央展 僕らの知らない、陶芸。』

2017年3月28日(火)〜4月2日(日)にかけて、陶芸家・千代雷央(ちしろらいお)による初の個展『千代雷央展 僕らの知らない、陶芸。』が開催される。

映画作品での特殊メイクをはじめ、さまざまな造形を手がけた異色の経歴を持つ千代雷央。タコや亀、猿などの生き物たちの造形を通じて、生と死や捕食、地球上の不思議さを切り取ることをテーマにしている。造形の世界で培った技巧は千代の作品に反映されており、「一点もの」としての存在感を醸し出す。

本展では、千代が自身の作品づくりの方向性を決定づけた、タコを中心に、約15種類の大小さまざまな作品を展示する。千代の作品を通じて、これまでに見たことない陶芸に出逢い、驚きを感じることができるだろう。気になる方はぜひ足を運んでみては。

イベント情報
千代雷央展 僕らの知らない、陶芸。

会期:2017年3月28日(火)~ 4月2日(日)
会場:弘重ギャラリー(HIROSHIGE GALLERY)
入場料:フリー
恵比寿駅から徒歩5分
http://hiroshige-gallery.com/
シェア / 保存先を選択