バロン吉元&寺田克也による展覧会『バッテラ【bateira】』が開催に  公開制作やトークも実施

SPICER

画像を全て表示(8件)

バロン吉元 / 寺田克也 バッテラ【bateira】展が、2017年4月23日までアツコバルーにて開催されている。

バロン吉元は、1959年にデビューした漫画家。『柔侠伝』シリーズ、『どん亀野郎』『殴り屋』など、多数の作品を発表している。単身渡米し、マーベル・コミックで執筆した異色の経歴を持つことでも知らていれる。対する寺田克也は1963年岡山県出身の漫画家、イラストレーターだ。代表作に『バーチャファイター2』のキャラクターデザインを始め、漫画『西遊奇伝・大猿王』『ラクダが笑う』などがある。


本展では、様々なカルチャーを越境する両名の作品を紹介。ジャンルにとらわれないクロスオーバーな創作活動を行うアウトサイダーたちが競演する展覧会となる。

本展のタイトル「バッテラ」は、作家名の頭文字をつなげた言葉だ。その単語を聞いて、我々が真っ先に思い浮かべるのは、鯖を酢でしめた寿司のネタだろう。しかしバッテラというワードの持つ本来の意味は、ポルトガル語で「小舟」を指す言葉である。バロン吉元と寺田克也は、アツコバルーという小舟に乗り合わせてどのような作品世界をうみだしてくれるのか。気になる方はぜひ会場に足を運ぼう。なお、会期中は公開制作やトークイベントも開催される。

イベント情報
バロン吉元 / 寺田克也 バッテラ【bateira】展

期間:2017年3月18日(土)~4月23日(日) 
営業時間:水曜~土曜 14:00~21:00、日曜&月曜 11:00~18:00、火曜日定休
入場料:¥500 (ドリンク代含む)
http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2017/0318_4125.php
シェア / 保存先を選択