アラーキーの活動の核心に迫る 『荒木経惟 写狂老人 A』展が東京オペラシティ アートギャラリーで開催

SPICER
《遊園の女》 2017

《遊園の女》 2017

画像を全て表示(2件)

荒木経惟 写狂老人A』展が、2017年7月8日(土)~9月3日(日)まで、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催される。

荒木経惟は、1960年代から今日まで活躍を続ける日本を代表する写真家の一人。本展では、荒木が本展に向けて制作した最新作を中心に、荒木の制作の原点とも言える1960年代のスクラップブックなども交えながら、1,000点を超える作品を紹介する。

photo: 野村佐紀子

photo: 野村佐紀子

 

「写狂老人 A」のタイトルは、老境に入り一層精力的に制作を続けた絵師・葛飾北斎が70代半ばで「画狂老人卍」
と号したことになぞらえて、荒木自身を表した言葉だ。生涯を通じてあくなき探究を続け、道を究めようとする荒木の姿勢には北斎と共通するものがあるといえよう。本展は、そんな荒木の「現在」を伝え、多様な活動の核心に迫るものとなる。気になる方はぜひ足を運んでみては。

イベント情報
荒木経惟 写狂老人A

会期 : 2017年7月8日(土)~ 9月3日(日)
会場 : 東京オペラシティ アートギャラリー
開館時間 : 11:00 ~19:00 (金・土は20:00まで/最終入場は閉館の30分前まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月6日[日・全館休館日]
入場料 : 一般1,200(1,000)円/大・高生800(600)円/中学生以下無料
* 同時開催「収蔵品展059 静かなひとびと」、「project N 68 森 洋史」の入場料を含みます。
* 収蔵品展入場券200円(project N を含む / 割引無し)もあり。
*( )内は15名以上の団体料金。
* 障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
* 割引の併用および入場料の払い戻しはできません。
お問合せ : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
ウェブサイト: http://www.operacity.jp/ag/exh199/
シェア / 保存先を選択